当院のブログ
施術コラム

院長からのご挨拶

私は、筑波大学・大学院にてスポーツ医学を6年間学んできました。
大学院内では、ラグビーや柔道、空手、レスリング、相撲などのハードな競技種目で首、背中、腰にダメージを受けた選手の施術やリハビリ、予防法などを科学的な視点から研究してきました。
そういう私も幼少時代から武道が大好きで剣道、柔道、空手、少林寺拳法を長年習っていました。現在も空手の指導に当たっています。

過激なスポーツや武道を自分の身体でもって経験しているので、外傷や事故を起こした時の身体に対する痛みやケガによるストレスや不安感などを人一倍分かっているつもりです。治療家として「人の痛みを知る」、ということは重要なことだと思います。

筑波大学院在学中は、それと併行して都内のスポーツトレーナー学院、整体学院、カイロプラクティック学院などで四年間講師をしており、そこでは体表解剖学、運動生理学、リハビリテーション医学、整形外科学、鑑別診断学を担当していました。授業では生徒に分かりやすく教えることの難しさを痛感し、いかにやさしい言葉と表現で授業内容を理解してもらえるか昼夜を問わず考え、その考えを実践していくことで生徒の理解度にも良い変化が出てきたことを実感しました。講師としての経験が、交通事故で困っている患者様への症状や病気に対する分かりやすい説明や丁寧なアドバイスにつながるよう今後も活かしていきたいと思います。

交通事故センターの立ち上げ動機

茨城県は全国的にも交通事故の多い県として有名であることを知り、またむち打ち症としての後遺症に悩んでいる患者数が多いことに驚きました。
そこで、いままでの経験と知識を生かして、交通事故に遭われた方々のために施術をしていきたいと考え、交通事故治療センターを立ち上げました。

急性のスポーツ外傷で首や腰を傷めたのであれば、一般的な施術法を行っていれば、翌日には痛みもある程度回復しますが、交通事故では一般的な施術により、施術直後には症状が楽になったとしても翌日にはまた痛みが戻ってしまうケースが多いです。交通事故では、施術により一時的に良くなるが、翌日にはいつもの症状に戻る、というイタチゴッコを繰り返している施術所が多いようです。

当院では、大学院で培ってきたスポーツ医学的な施術法の他に、最高の技術と安心できる施術を受けていただくために多種多様な施術法を取り入れて、お一人おひとりに合ったオーダーメイド施術をしております。交通事故によって痛みを起こしているその根本にある原因は人それぞれによって異なるので、施術法も当然お一人おひとり違ってくるのです。

交通事故を起こした後、「どこに行ってもよくならない」と大勢の人が悩んでいます。また、はじめて治療院に行く際には「本当にここで症状が軽くなるのか」、「どんなことをされるのか怖い」など、ほとんどの人が抵抗を感じます。そういった迷いを抱えている方は、まずは当院のホームページだけでものぞいてみてください。そして、本当に痛みに悩んでいる方からだけ、ご連絡をいただきたいのです。

当院は、痛みはもちろんのこと交通事故で追ったストレス、不安、保険会社との応対などもすべて含めての施術とケアに努めてまいります。そしてその辛い症状から早く解放されましょう。

1人でも多くの方が早く痛みから抜け出し、心身ともに健康で快適な日常生活を送ることができるように、またご満足していただける医療サービスを目指すことができるよう、全力でお手伝いをさせていただきます。そして多くの患者様の笑顔を早く取り戻せるよう、日々努力をさせていただきます。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日