当院のブログ
施術コラム

HOME > 施術コラム一覧 > むち打ちの矯正方法

むち打ちの矯正方法

2019.02.18

むち打ちによる矯正は、一歩間違えると怖いという話しをしました。

では、もしむち打ち症になってしまったら、どのような矯正を心がけると良いのでしょうか?

矯正には、アメリカ医学から来るカイロプラクティック系のものや中医学系の整体術としての矯正など様々です。

一般的に知られているのがこの二つですが、カイロプラクティックにもテクニックが何種類も存在し、自分がどのテクニックを使うかによっても首への負担が違ってきます。

カイロプラクティックでは、ディバーシファイドテクニックというのが最もオーソドックスなテクニックとなりますので、このテクニックを使用する際の注意点を話していきます。

むち打ち症で首を痛めている場合、基本的に患部とされている首への矯正は行わない方がよいとされています。

実際に体全体のアライメントのズレを整えるのが目的なのですが、当院では、まず仙腸関節のズレを整え、その後に腰椎を整え、最後に背部から肩甲骨を整えていきます。そのあと、首への矯正は行いません。実際は首に痛みが出ているのですが、体全体から診ていき、全体の総合的な矯正により首のズレや痛みも自然と良くなっていきます。

もし、どうしても首の矯正が必要な場合には、アジャストではなく、持続圧もしくはモビリゼーションなど、ソフトな矯正が求められます。

中医学系の矯正は、可動域以上の矯正を求めるところも多々あるようなので、御自分で判断をしていただき危険そうだと判断したら断る勇気も必要です。

首と肩甲骨は、僧帽筋や肩甲挙筋、菱形筋、肩甲下筋など複数の筋肉が付着しており、首の運動にはこの肩甲骨周辺の筋群も関与しております。

したがって、首の痛みのせいで動かせない動作を肩甲骨で代用させていくことも重要なのです。

そのためにも肩甲胸郭関節の矯正も大事です。ただこの関節へのアプローチもソフトに行わなければなりません。

前回からむち打ちと矯正の話しをしていますが、このようにうまく矯正を併せていくことも大切ですが、なんせ首はとてもデリケートな部分なので、数多くの矯正テクニックをマスターしていることがとても大切であります。


施術カテゴリ一覧

お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日