当院のブログ
施術コラム

HOME > 施術コラム一覧 > カーブを走行する際に注意するポイント

カーブを走行する際に注意するポイント

2019.05.23

車で走行中、カーブでは、外へと膨らんでしまおうとする遠心力が働きます。

そのために、カーブの角度(R角)とスピードが合っていないと、対向車線にはみ出しての走行となったり、そのために対向車と追突してしまうことがあり非常に危険です。

あらかじめ前方にカーブがあるという事が分かっているならば、それなりのスピードを自分で調整することがとても重要です。

とくに雨の時には、路面が滑りやすい状況のため、いつも以上にスピードを緩めた走行が必要になります。

カーブ走行の基本を説明していきます。

これは、サーキット場でのレースでもこの基本を守って走行しています。

「スローインファーストアウト」、そして、道幅がある程度広いカーブであれば、「アウトインアウト走行」に従うと遠心力などが掛かりにくくなります。

スローインファーストアウトとは、カーブの手前にて減速しカーブを曲がっている時にはブレーキもアクセルも踏まず、カーブの後半からアクセルを踏み始めながら徐々に加速していくという走行です。

このスローインファーストアウト走行により、カーブでの走行に無理がなく、安定したカーブ走行ができます。

またアウトインアウト走行というのは、例えば左カーブの場合、カーブの手前で車体をなるべく中央線のぎりぎりまで右に寄せながら、カーブの中心点(クリッピングポイント)でなるべく左はじに車両を寄せて、カーブの後半にしたがい徐々に右に膨れながら走行していくことです。

このアウトインアウト走行により、左カーブであっても、なるべく直線に近い走行ラインを作ることができますので、対向車線にはみ出す可能性が少なくなり、結果的に交通事故につながる危険性も少なくなります。

ただ、何といっても過信や自信、そして相手からのもらい事故という事も計算していかなくては、事故を防ぐことは出来ません。

なるべく、カーブのある道では、カーブの手前で十分に減速して走行することが一番です。

とくに下り坂でのカーブでは、遠心力が大きく関係してくるので、あまり峠道など山道の走行に慣れていない方は、特に注意をしてカーブを走行していただきたいと思います。


施術カテゴリ一覧

お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日