当院のブログ
施術コラム

交通事故と脳脊髄液減少症

交通事故が原因で後遺症に悩まされている患者様の中には、「脳脊髄液減少症」が隠されている方がいます。

脳や脊髄は、「脳脊髄液」で満たされており、この液は脳や脊髄を衝撃から守るクッションの役割を果たしています。

交通事故などの外力によって脳内に強い圧力がかかると、脳脊髄液腔から液が漏れてしまうことがあります。漏れることで髄液圧が下がり、その結果、頭痛、頚部痛、めまい、吐き気、倦怠感、記憶障害、胃腸障害、頻尿、脱水症状などに襲われ、日常生活に支障をきたします。

脳脊髄液減少症は、MRI、CT、ミエログラフィーなどの検査を行なっても異常が認められず、うつ病、起立性調節障害、自律神経失調症などと診断されてしまうことがあります。

患者様の症状に注意を払い、脳脊髄液減少症の疑いのある方には、脳脊髄専門の病院を紹介することもできますので、お気軽にご相談ください。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日