当院のブログ
施術コラム

交通事故後のリハビリ通院

交通事故によって損傷を受けた部位を元の健康な状態に戻すために治療とリハビリがあります。治療の目的は主に痛みや患者様の自覚症状を取り除くことです。

痛みのために、また炎症を早く引かせるために、ある程度患部の安静期間を設けることがあります。すると、患部周辺の筋肉群は、あまり働かなくなるために、結果的に関節の可動域が小さくなり、筋力や筋腹の低下、筋持久力の低下、場合によっては協調性運動、平衡運動などのおとろえがみられます。

交通事故による痛みや症状が、ある程度落ち着いた後、落ちてしまった筋力や筋腹を回復させるためにリハビリテーションを行います。

以下の運動療法をベースに、どの筋肉をどのくらいの回数で、どのくらいのセット数で、どのくらいの頻度で行うのか、リハビリプログラムを具体的に考えていきます。

自動介助運動

筋力が弱く、患者様自身の力で運動できない場合には、自動的な収縮運動に併せて施術者や機械器具の助力によって運動をおこないます。

自動運動

患者様自身の筋力のみによって行われる運動です。

抵抗運動

鉄アレイ、重石、自分の体重などの抵抗を利用して運動に負荷をかけていきます。重さや回数は、患者様の目的に応じて考えていきます。

等尺性・静的運動(アイソメトリック)

関節を動かさずに筋肉の収縮を行う運動です。もっとも安全なリハビリだと言われています。

等張性・動的運動(アイソトニック)

関節を動かして筋肉を伸ばしたり縮めたりする動的な運動のことです。

等速性運動(アイソキネティック)

筋の収縮力に関係なく運動速度を一定に保つ運動です。

求心性収縮運動(コンセントリック)

筋肉の付着している部分が近づきながら収縮を行う運動です。

遠心性収縮運動(エキセントリック)

筋肉の付着している部分が離れながら収縮を行う運動です。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日