当院のブログ
施術コラム

むち打ち治療のポイント

交通事故直後の治療ポイント

事故によって生じた全身の皮下出血、内出血を受傷後いかに速やかに吸収させ、そして最小限度に抑えるかです。

動物を使ったむち打ち症の実験論文の結果では、むち打ちの状態により心臓、肝臓、肺などに出血をするほか、脳の中にも出血巣がみられ、脊髄にいたっては、頚髄どころか、胸髄、腰髄、仙髄のいたるところに出血することが分かっています。とくに腰髄、仙髄には最高度の変化がみられました。

衝撃や衝突によって引き起こされた皮下出血、内出血は、炎症により拡散するおそれがあるので、いかにしてこの炎症を速やかに除去するかにかかっています。炎症を抑えることがイコール内出血を引かせることにつながるのです。当院では、治療以外に炎症を誘発する食事法、炎症を抑える食事法など、食事からのアドバイスも行います。

交通事故受傷後1カ月以上経過した場合の治療ポイント

筋肉に柔軟性を持たせることです。痛みのために筋肉を動かさないと「硬結」と言って筋肉がかたくなってしまいます。筋肉がかたくなると、それに伴って靭帯や関節もかたくなり、血流が悪くなります。血流が悪いと痛みが増していきます。この悪循環に陥ると、治療が長引いてしまいます。いかにして「硬結」を取っていくかがプロの見せどころなのです。

その他の治療のポイント

交通事故の衝撃で全身にズレが起こります。ズレにより神経、血管が圧迫され、痛み、しびれ、自律神経などの神経症状を引き起こします。これらの各所のズレをいかに矯正するかが私の仕事です。矯正法にもいくつか種類があるので、患者様に適した安全でやさしい矯正法を選びます。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日