当院のブログ
施術コラム

むち打ち症による症状固定時期

むち打ちは、目に見えにくい障害で、客観的データで証明しにくい障害なので、後遺障害認定においては、治療期間と通院日数も重要視されます。そのため、後遺障害として認定されるには、約6カ月以上の通院、治療期間を経て症状固定とするのが一般的です。

症状固定日は誰が決めるのか?

症状固定日を決めるのは、後遺障害診断書を作成する医師です。

医師が自らの判断で症状固定日を決める場合もありますが、保険会社からの働きかけにより、医師が症状固定と判断する場合があります。

交通事故被害者の方は、後遺障害の内容、治療、症状の経過を理解して最終的に医師と相談のうえ、症状固定時期を決めると良いでしょう。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日