当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > 症例報告 > プランターを持ち上げた際に生じた腰痛(症例)

プランターを持ち上げた際に生じた腰痛(症例)

2017.11.29 | Category: 症例報告

四日前にプランターに土を入れてそのプランターを移動させようと持ち上げた瞬間に腰を痛めた40代女性の症例です。

 

 

元々腰は弱い方で、たまに朝起きはじめに腰痛で目が覚めることもあるそうです。今回は、四日前にプランターを持ち上げたことで腰に痛みが出てしまい、日に日に痛みが増していく気がするということで、当院に予約をしていただきた後受診されました。

 

 

当院で検査をしたところ、とくに体幹の前屈時痛が強く、後屈時痛もありました。神経根、知覚検査、建反射、筋力検査は正常でした。

 

 

 

施術として痛みの場所が限局しており、右腰方形筋周辺のみでしたので、寸六五番の針を使い、患部腰方形筋の硬結と圧痛部に七本刺入しました。さらにシーソー現象を利用して左腰方形筋には寸六三番を刺入し、さらに太陽膀胱経の「右ショウフ」、「右ダイツイ」、「右ヒユ」、「右シンユ」にも置針をしました。

 

 

 

腰部に刺した針は、右側の腰方形筋から左の腰形筋へマイナスからプラスに直流電気針として通電しました。

 

 

 

その後、浅筋膜テープを行い、自宅では患部のアイシングを指導しました。イブプロフェンの服用も指導しました。

 

 

 

二日後、二回目の来院ですが、九割近く楽になっておりました。今回は、全身の調整をねらって「テンチュウ」から「ジリョウ」まで、各左右背部兪穴処置を行いました。

 

 

 

今回の症例では、二回の施術で終了となりました。

 

 

 

 

腰方形筋と脊柱起立筋の炎症による筋筋膜性の腰痛でした。

 

 


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日