当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > 症例報告 > 二回の施術で楽になった腰痛(症例)

二回の施術で楽になった腰痛(症例)

2017.12.04 | Category: 症例報告

70歳前半の男性で、音楽バンドを組んでいるそうです。

 

サックスとギターを担当しているそうですが、ある会場で演奏があるということで、機材を運んでいる最中、腰が痛くなってきたそうです。

 

 

バンドの一員として自分一人だけ機材を運ばない訳にもいかないので、我慢しながら運び込み、演奏も何とか無事に行ったそうです。

 

 

前日の機材運びが引き金となったのか、翌日から腰が痛く、前屈みが出来にくくなってしまったそうです。

 

 

安静にしていればすぐに治るだろうと思い、二、三日様子を見ていたそうですが、あまり改善している気がしないということで、当院に予約をしていただきました。

 

急性の筋筋膜性腰痛症のようで、仙棘筋、脊柱起立筋、仙腸関節周辺の炎症が強く現れていました。この間、入浴は控えていたそうですが、お酒を飲むと痛みが楽になるので、毎日飲んでいたそうです。

 

 

ですから本日から飲酒の禁止をアドバイスさせていただき、入浴も引き続き行わない、そして患部のアイシングをお勧めしました。自発痛があり、夜もあまり眠れないということなので、イブプロフェン、桔梗石膏を飲むよう指示しました。

 

 

指示した通りの生活をしていただいたせいか、四日後には、すっかり痛みが引いており、前かがみ時に残り三割程度痛みがあるだけで、身体を動かすのがすごく楽だと喜んでおりました。

 

 

この前屈みの痛みに対して、針にて副腎処置、扁桃処置、胃の気処置を行い、さらに屈伸処置と大転子処置も加え、施術後に再度前屈みをしていただいたところ、ほぼ痛みが無く、スムーズに前屈み動作が出来るようになりました。

 

 

指示通りの生活スタイルをあと三日間行っていただき、安静時痛、動作時痛などの症状がでなければ、施術終了となる症例です。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日