当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > 医学全般 > 首の痛みと経絡について

首の痛みと経絡について

2018.01.17 | Category: 医学全般

交通事故により、むち打ち症となった場合、どこの経絡がダメージを受けるのでしょうか。

 

 

首を伸展した時に痛みを感じるのであれば、陽明胃経、任脈、少陰腎経が関わってきます。アナトミートレインとしては、スーパーフィシャルフロントライン、ディープフロントラインが関わってきます。

 

 

次に首を前屈した時に感じる痛みは、太陽膀胱経、督脈が関わってきます。アナトミートレインとしては、スーパーフィシャルバックラインが関わります。

 

 

次に首を側屈させた時の痛みには、少陽胆経が関わってきます。アナトミートレインとしては、ラテラルラインが関わってきます。

 

 

関与している経絡が原因で首が痛い場合、例えば首右屈により左首に痛みがあり、なおかつ左胆経上に痛みがある場合、左胆経の経絡の異状により痛みを起こしている可能性が高くなってきます。

 

 

全身あらゆるポイントに「ツボ」が存在し、このツボとツボをつなぎ合わせて経絡ができますが、運動時痛がある場合、すべての部位にこの経絡を応用させて施術をすることが可能となります。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日