当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > スポーツ関連,症例報告 > ドッジボールで痛めたヒザ(症例)

ドッジボールで痛めたヒザ(症例)

2018.02.06 | Category: スポーツ関連,症例報告

中学一年の男子生徒で、休み時間にドッジボールを行っていたところ、転倒してヒザを痛めたそうです。

 

 

そのまま保健室、さらに病院に連れていかれ、検査、その後治療に約三週間通ったそうです。

 

 

最初の痛みからすると半分くらい楽になっているということですが、まだ歩行時痛、荷重時痛が半分くらい残っているということで、さらに三週間通ったそうです。

 

 

受傷から一か月以上が過ぎたみたいですが、歩行時痛、荷重時痛が三、四割残っいるということで当院にいらっしゃいました。

 

 

骨、靭帯、関節包、腱、筋肉など、整形外科的検査では、引っかかるものはありませんでした。

 

 

歩行時、荷重時にヒザの裏に痛みがあります。

 

 

急性期は過ぎており、炎症の可能性は低いです。

 

 

ジョーンズアンドフィッシャーテストも陰性だったことから半月板からの影響も低いと判断しました。

 

 

疼痛誘発動作にて評価をしたところ、アキレス腱、後脛骨筋で荷重時痛が消失しております。

 

 

筋膜の繋がりから考えるとスーパーフィシャルバックライン、ディープフロントラインです。

 

 

経絡的には太陽膀胱経ですが、経絡テストと一致していないため、筋膜からの施術を考えました。

 

 

アキレス腱、後脛骨筋のリリース後、確認のために歩行と荷重を行なっていただき、痛みが八割楽になっております。

 

 

残りの痛みを疼痛誘発にかけるとハムストリングスで評価が出来たのでリリースしました。

 

 

その後、再び歩行にて荷重を意識して行なっていただき、痛みの程度を確認すると95パーセント以上痛みが消失しております。

 

 

二回目の施術時に痛みを確認したところ、痛みを出すことなくヒザの調子も良いということなので施術を終了とした症例です。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日