当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > むち打ち症,交通事故治療,症例報告 > コンビニ駐車場での交通事故(症例)

コンビニ駐車場での交通事故(症例)

2018.03.30 | Category: むち打ち症,交通事故治療,症例報告

コンビニ駐車場で車を止めて少し横になって休んでいたところ、ノーブレーキで追突された模様です。

 

30歳代の男性で、コンビニ駐車場で弁当を食べ終え、その後車中で横になりながらウトウトしていたところの事故だったそうです。

 

相手は、患者さんの車の存在に全く気付かなかったそうです。

 

その後、病院へ搬送され、精密検査を受け、その病院で後日施術を開始したそうです。

 

交通事故に遭ってから二年以上が経過するそうですが、いまだに首の付け根から後頭部に痛みが出る時があるそうです。

 

当院にてまず検査をしてみましたが、首の後屈時と右回旋時にとくに首の痛みを感じるようでした。

 

両肩もパンパンに張っている状態でしたが、首の痛みや後頭部の痛みの方が強いらしく、そのために両肩の痛みはあまり感じないということでした。

 

施術としては、後屈時痛、右回旋痛を取り除くことを指標としました。また左右の天柱から風池周辺の圧痛が顕著なため、この部位の圧痛を取ることも考えました。

 

施術当日には、頭痛もありましたので、頭痛の施術も考えてみました。

 

交通事故が原因での腰痛や首痛の場合、脊柱などの中心軸が弱っている可能性があります。

 

この場合の基本は、瘀血処置、扁桃処置、胃の気処置、水分代謝処置などの気、血、水、免疫処置です。この処置を忘れてしまうと、根本的な施術になりませんので、当院は必ずこの処置を最初に行います。

 

次に三晥処置、そして肺と腎の火穴処置を行い本治法とします。

 

次に首の付け根の痛みを椎骨脳底動脈処置で取り、後頭部痛は、頭部瘀血処置で施術をしていきました。

 

さらに右回旋時における首の痛みは、右の肋間筋、右斜角筋で評価できましたので、これらの筋膜リリースを行いました。

 

首の後屈時の痛みは、アキレス腱筋移行部、または肩甲下筋で評価できたので、それぞれの筋肉に対して筋膜リリースを行いました。

 

現在、八回目の施術ですが、経過良好のため、セルフケアを教えながら、またリハビリを行いながら筋肉を鍛えていくことを指導している症例です。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日