当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > むち打ち症,交通事故治療,漢方薬 > 交通事故による後遺症と漢方薬

交通事故による後遺症と漢方薬

2018.04.24 | Category: むち打ち症,交通事故治療,漢方薬

炎症期が過ぎてしまった交通事故で、六カ月以上痛みに変わりがない場合、後遺症と判断していくことが多いです。

 

 

この場合、精密検査を行っても異常所見が出ないことがあります。

 

 

色々な施術を試してみても、あまり改善されない場合、どうすればよいでしょうか。

 

 

辛いのは本人だけです。この痛みのためにあらゆる施術を行ってきていると思います。

 

 

様々な角度から施術を行っても改善されない交通事故による後遺症では漢方薬で楽になるケースがあります。

 

 

漢方薬はその人によっては、まず「証」を調べることから始めます。

 

 

さらに、この交通事故の後遺症が骨からの痛みか、筋肉からの痛みか、それ以外からの痛みかを判断していきます。

 

 

筋肉の問題であれば、入浴などにより温めていくと痛みが楽になります。骨の問題であれば直接その痛んでいる骨を押すことで痛みが現れます。

 

 

また骨と筋肉の両方が原因で痛みが現れていることもあります。

 

 

それ以外の痛みというと、例えば天気に左右されて痛みが悪化する、生理中に痛みが悪化する、ストレスが加わると悪化する、など、骨や筋肉以外のものを指します。

 

 

漢方薬は、その人の「証」に対する適切な漢方を選ぶことがとても重要です。

 

 

交通事故による後遺症では、受傷後時間が経過しているほど、漢方薬も中、長期的に飲むことになります。

 

 

それは、交通事故により、変化してしまった体質を元に戻していかなくてはいけないため、時間が必要となることが多いのです。

 

 

せめて三か月以上は服用してみないと、効いているかがわかりにくいので、もし交通事故での後遺症のために漢方薬を飲むのであれば、服用期間もある程度理解してから飲んでいくことをお勧めします。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日