当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故の原因(ベスト10)

交通事故の原因(ベスト10)

2018.05.14 | Category: 交通事故

交通事故により、ケガの状況も様々であり、重い順に言いますと、死亡事故、重傷事故、軽傷事故、さらには後々まで続く事故後遺症などがあります。

 

 

ちょっとしたきっかげで起こす交通事故ですが、ではそもそも交通事故を起こす原因は何なのでしょう。ランキング順に見ていきましょう。

 

 

 

10位 優先通行妨害

 

信号機の無い交差点では、道幅が広い道、また一時停止の無い道路標識のある道路などが優先道路となりますが、これを知らずに優先では無い方からの車の飛び出しによる衝突事故があります。

 

 

 

9位 信号無視

 

黄色信号から赤信号に変わってすぐの信号無視が原因で交通事故となりやすいです。

 

 

 

8位 交差点安全義務違反

 

交差点に入って走行中、道路を横断している歩行者に気付かずに歩行者をはねてしまうような交通事故のケース。

 

 

 

7位 交通区分違反

 

交差点の手前などで交通区分が規制されているにも関わらず、これを見落としたり見過ごしたりした事で、強引に進路を変更することで起こる交通事故。

 

 

 

6位 最高速度違反

 

速度オーバーにより、自分の能力以上の運転技術が要求され、結果的に車をうまく扱えずにガードレールに激突したり、停止する際にタイヤがスリップして大事故につながったりします。

 

 

 

5位 横断歩行者などの妨害違反事故

 

交差点に歩行者にいるにも関わらず、強引に交差点に車ごと侵入し、歩行者を煽る結果、歩行者と接触事故をおこすようなケースが多いです。

 

 

 

4位 安全不確認

 

いわゆるよく見て運転していないことが原因での交通事故が4位です。考え事をしていたり、風邪薬や花粉症の薬を服用していたりする時の運転では、注意力が散漫となり、常にぼーっとしており、一点を見つめた運転になりやすいです。

 

 

 

3位 運転操作ミス

 

ブレーキとアクセルを踏み間違えたなどの運転操作ミスが、交通事故の運転操作ミスとしては多いです。

 

 

 

2位 わき見運転

 

スマートフォンなどの携帯端末を操作しながらの運転がこれに当てはまります。この事故は、右肩上がりで上昇しており、今後、交通事故の第一位になる確率が高いとされています。

 

 

 

1位 漫然運転

 

同乗者と夢中になっておしゃべりをしていた、居眠り、リラックスして緊張感無く運転していたなどの時でも事故が交通事故の原因第一位です。当たり前ですが、常に適度な緊張感をもって常に運転に集中していきましょう。

 

 

 

このトップ10は、いかがでしたか。

 

 

 

一位から四位は、自分のちょとした不注意や心の持ちようでどうにでもなるレベルのものです。

 

 

 

運転する時には、車は常に凶器となるということを念頭に入れて、慎重に運転することをお勧めします。

 

 

 

事故を起こしてしまったら、もうそれは、取り返しがつきません。時間は元に戻りません。後で後悔しても誰も助けてくれないのです。自分で気を付けなくてはいけないのです。

 

 

 

このトップ10を何度も読み直し、心当たりのあるような運転をしている人は、今日から自分の弱い部分を意識しながら運転をしていくといいと思います。

 

 

 

 


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日