当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > むち打ち症,交通事故,交通事故治療 > 交通事故後遺症で悩んでいる方々へ

交通事故後遺症で悩んでいる方々へ

2018.08.28 | Category: むち打ち症,交通事故,交通事故治療

交通事故を起こすのは、ほんの一瞬です。しかし交通事故により後遺症を残している方々は、一生涯その痛みと闘っていく場合が多いです。

 

 

そのような交通事故後遺症に悩んでいる方々へのお話しです。

 

 

当院では、なぜ交通事故の後遺症で悩んでいる方々が皆さん楽になっているのか、というお話をさせていただきます。

 

 

長年、交通事故の後遺症を患っている方は、まず痛みの原因である場所の血流が滞っています。

 

 

また大概の人達が、天気の悪くなる前日、もしくは寒くなる前日など天候と痛みが関係すると言っています。

 

 

また人によっては、冬になると痛みが差し込んで、とても辛いと言います。

 

 

交通事故後遺症の方の中で、痛みの場所が常に一定でじっとしていてもうずくような痛み、とくに夜間痛などで眠れないという方は、瘀血と言って血液の流れが悪いために痛みという形で出現しています。

 

 

ですから、この場合、マッサージをしてもその場では楽になってもまたすぐに元の痛みのある状態に戻ってしまいます。それは、根本的に瘀血の治療をしていないからなのです。

 

 

この場合の根本的施術は、この瘀血を取り除くことをしなければいけません。

 

 

当院では、この瘀血を取るのに針、灸治療と漢方薬を使います。

 

 

次に天候により痛みが増減する交通事故後遺症ですが、これは気温よりも気圧が関係しています。

 

 

もう少し深くみていくと、交通事故により体質が変わってしまったのです。

 

 

風湿という体質です。

 

 

これは、天気により体に痛みを出してしまいます。

 

 

内湿というのがあって、これは体内に発生している余分な水分の事です。

 

 

天気が悪くなると風湿の体質になっているため、皮膚から体の内部に痛みが侵入し、そうすると内湿がたまりやすくなります。

 

 

また交通事故などにより内湿が増えることにより、風湿の影響を受けやすくなります。すると痛みが出現していきます。

 

 

これらの事から天気による症状の悪化には、去風湿という施術をしていくことなのです。

 

 

つまり、皮膚から入る風湿と体内にある内湿を取り除くことがとても重要となります。

 

 

当院では、この去風湿の施術も針、灸、漢方薬で行います。

 

 

このように針、灸、漢方薬をうまく利用することで、交通事故による後遺症が楽になっていく、という訳です。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日