当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > むち打ち症,交通事故治療,症例報告 > 自転車での接触事故(症例報告)

自転車での接触事故(症例報告)

2018.09.27 | Category: むち打ち症,交通事故治療,症例報告

16歳の高校一年生、男子の症例です。

 

通学途中、二又の信号のない交差点で直進していたところ、後ろから来た普通自動車に接触されそのまま左側に転倒したそうです。

 

自動者の運転手と一緒に病院へ行き、レントゲンを撮ったそうですが、骨には異常がないということで、経過観察となったそうです。

 

その後、肩から首への痛みが現れており、病院に通院していたそうですが、病院での治療内容に疑問と納得がいかずに、その後当院へいらっしゃいました。

 

 

当院での徒手検査によると、肩の挙上時痛と首の後屈時痛、左回旋時痛、がありました。病院ではシップと飲み薬が出ていたそうですが、ここ何日かは飲んでいないそうです。

 

 

自発痛はなく、また夜間痛もないようです。動作時痛が気になるという事なので、動作における痛みを取り除くような施術を考えていきました。

 

 

おそらく左側に転倒した際に左の肩も地面に打っている可能性があります。肩は、打撲による痛みが強そうです。そのために腕の挙上が制限されていると考えました。

 

 

施術としては、腕の炎症を抑えるために副腎処置と扁桃処置を行い、さらに首の運動時痛には、頭部刺絡を行いました。その結果、一週間くらいで肩と首の運動時痛が約七割くらい楽になっているようです。

 

 

その後も施術を続け、だいぶ痛みが取れてきているので体育の授業にも参加しているみたいです。

 

 

今現在、だいぶ動かした際の腕と首の痛みは楽になっているそうです。

 

 

交通事故から来るむち打ち症は、早い段階から適切な施術をすることをお勧めします。

 

 

まずは、確実に炎症を抑えていくことだと思います。その後、患者さんに合ったオーダーメイドの施術をしていくことで、後遺症になりにくい体質にしていきます。

 

 

もし、交通事故に遭われた場合、最初にレントゲンなどの精密検査をお勧めします。その結果、適切な施術をしていくことがとても大切であると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日