当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > むち打ち症,交通事故,交通事故治療 > 交通事故後のセルフケアの仕方について

交通事故後のセルフケアの仕方について

2018.12.06 | Category: むち打ち症,交通事故,交通事故治療

交通事故に遭った後、施術やリハビリを行っている方に対してのブログです。

 

交通事故により、なかなか治り切らないむち打ち症のような症状を、もっと手早く改善するには、御自分でも積極的にセルフケアをしていく必要があります。

 

このセルフケアは、病院や治療院ではなかなか教えてくれないし、知っている施術者が少ないように思います。

 

では、どのようなセルフケアを御自分で行っていくと治りが良くなっていくのでしょうか。

 

マニュアルというのが実は無いのです。それは、各人一人ひとり顔の形や表情が違うように、それぞれ人に合ったセルフケアがあるのです。

 

したがって、誰もが同じセルフケアを行うという事ではないのです。

 

その人には、このセルフケアが合っていてもまた別の人にはそのセルフケアが合っていないこともあるのです。

 

セルフケアがご自分に合っていない場合には、当然治療効果もないですし、逆に痛みが増す場合もありますので、慎重に行った方がよいと思います。

 

当院でおこなっているセルフケアでは、まず一人ひとりに対して痛みを誘発していきます。つまりどの方向に身体を向けたり倒したりすると、痛みが出てくるのかをチェックしていきます。これを疼痛誘発テストと言います。

 

この痛みの動作が各人によって違ってしまうので、どの方向にどの程度の痛みが出るのかをご本人に確認していただきます。

 

その次に、この痛みの動作がどのツボや筋肉、また筋膜で和らぐのかを検査するのです。

 

次回は、検査によるツボの取り方、筋肉や筋膜の選び方について話をしていきたいと思います。

 

施術者の方にもぜひ参考にしていただきたいと思いますので、次回、この続きを書きたいと思います。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日