当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > むち打ち症,交通事故,交通事故治療 > 助手席に同乗していた方の交通事故症例

助手席に同乗していた方の交通事故症例

2019.01.05 | Category: むち打ち症,交通事故,交通事故治療

あるお店の駐車場で助手席に座って停車していたところ、後ろから突然車が突っ込んできたそうです。

 

 

どうやら、ブレーキとアクセルを間違えたようです。

 

 

一瞬、何がどうしたのかが全く分からなくなったそうです。エアバッグも出てしまい、初めての経験だったそうです。

 

 

その日は、びっくりしたのと緊張していたせいか、体の変化はなかったそうですが、交通事故後二日経過してから首から肩が重くなってきたそうです。

 

 

整形外科で診てもらったところ、頸椎捻挫と言われ、いわゆるむち打ち症でしょう、ということでシップと飲み薬をいただいてきたそうです。

 

 

その後、二週間経過してもあまり症状が変わらず、さらに腰まで痛くなってきてしまったということで当院にいらっしゃいました。

 

 

仙腸関節と肩甲骨周辺への評価をすると、頸と腰への痛みが和らぐみたいです。

 

 

施術としては、この骨盤を中心とした筋膜リリースと肩甲骨への柔軟性を出して左右のバランスを取る施術を行っていきました。

 

 

施術から約二か月で、ほぼ首と腰の痛みが落ち着いてきており、日常生活でも何の支障も出ていないということなので、ここで施術を終了とした症例でした。

 

 

元々この方は、頭痛持ちのようで、来院当初は、首の痛みと同時に頭痛も訴えておりましたが、いまはその元来の頭痛も楽になっているそうです。

 

 


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日