当院のブログ
施術コラム

針治療

2019.07.09 | Category: むち打ち症,交通事故,交通事故治療

交通事故を起こしたあと、後遺症となってしまったとしたら、登場するのが針治療です。

この針治療は、漢方薬と同様東洋医学の一種と言えますが、慢性の難病や奇病、交通事故での後遺症など、なかなか西洋医学では良くならない、もしくはこれ以上の施術をすることが難しい時に登場する頼りになる施術法です。

交通事故による後遺症としては、頭が重い、頭痛、吐き気、手足のしびれ、首、腰の痛みなどが慢性的に永遠と続くのです。

本人はとても毎日辛い思いをしております。

症状や後遺症のせいで、仕事もできない状態の人も沢山います。仕事を退職している人も多いです。

このような後遺症で悩んでいる人達の特に痛みを取る手段として針治療を行います。

針治療は、灸治療と併用して行うこともあります。

灸を併用することで針の効果を数倍上げていくことが出来るのです。

当院の針は、ほんの数ミリ程度しか刺入せず、気、血、水を通すことで人間が本来もっている自然治癒力を高めていくことが目的です。

ツボとツボを線でつなげて出来る経絡の流れを促すことで、この気、血、水を動かし、人間本来もっている力を呼び起こしていくのです。

別の言い方で言うと、体質改善をしていくために針を使うのです。

つまり、交通事故によって変わってしまった体質を事故以前の元の状態に戻していくのが針の力なのです。

針は、ホルモンの分泌を促したり、自律神経の調整をしたり、痛みを止めたり、内臓の機能を高めたり、いま書いたように体質を変えたりすることができる万能な施術法なのです。

ですから、事故での後遺症にも、この症状を根本的に治すのなら、針治療をすることは欠かせないと思います。

注射と針治療を混同している人がいるようですが、針治療でつかう針は、0.1ミリとかの極めて細い針でしかも数ミリの深さしか刺さないようなやり方で当院は行います。

もし、事故での後遺症でずっと悩んでおられる方は、一度お電話をお待ちしております。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日