当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > むち打ち症,交通事故治療 > むち打ち症に関係する筋肉

むち打ち症に関係する筋肉

2021.09.27 | Category: むち打ち症,交通事故治療

むち打ち症になると、首の付け根や肩が張ってしまったり、頭痛やめまいを起こしたりします

特定の筋肉が凝るというものではなく、関連筋群として首であれば首と関連する筋肉群に負担がかかり凝りを訴えます

では、首の筋肉と関連する筋肉群を具体的に見ていきましょう

意外と思うかもしれませんが、首の近くよりも首から遠い個所と関連することがあります

その代表が大腰筋です

この筋肉はお腹の深いところにある筋肉で、この筋肉が硬くなると腰を通じて首に負担がかかり、最終的に首の凝りとなります

次に大腿筋膜張筋です

これは太ももと股関節の付け根にポイントがあり、ここが首と関連しております

この場所も首からは遠い個所で、ここを緩めると特に首の前側の筋肉を緩められます

話が前後しますが、先ほどの大腰筋を緩めると、首の前側の胸鎖乳突筋という筋肉を緩めることができます

胸鎖乳突筋が緩まると、後ろの僧帽筋も緩んできます

次に肩甲骨の裏側に肩甲下筋という筋肉があり、手が届きにくい筋肉ですが、この筋肉を緩めると首が緩んできます

さらに母指球筋と小指球筋という筋肉が手の平にあり、この筋肉群を緩めると肩から首を緩めることができます

次に尾てい骨の周辺、とくに仙腸関節というところを緩めると、首が緩んできます

このように首と関係する筋肉群が体にはたくさん存在し、首周辺だけを刺激してもむち打ち症の症状は緩和されにくいのです

体の筋肉は、間接的にすべてがつながっており、首には、首とつながりのある筋肉があります

この法則を知っているのと知らないのとでは、同じ施術をしても施術の効果に差が出てきてしまいます

皆さんも、ご自分でリハビリをする時や筋肉をほぐす時には、どこの筋肉とどこの筋肉が関連してい


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日