当院のブログ
施術コラム

夏の養生

2016.07.29 | Category: 漢方薬,食育関連

夏は、大地が潤い、植物が大きく育ち、やがて花を咲かせる季節です。人間も新陳代謝が活発になる季節です。

 

この時期は、体内に蓄えられたエネルギーを発散させ活動する時期なんです。

 

気持ちを外に向け、焦ったりせずに陽の気をしっかり取り込みましょう

 

夏は体の中に熱や湿気がこもりやすく、心が高ぶったり動悸や不眠になったり、体が重く食欲不振や胃腸の調子が悪くなったりしやすいです。

 

ほてりや湿気、熱を取るには熱を取る夏野菜(トマト、ナス、キュウリ、とうがん、すいか)や苦みのある食材(にがうり、ピーマン、みょうが、菊花、緑茶)を摂りましょう。

 

ただし、この時期、冷たいものの摂りすぎは、かえって「脾」の働きを弱めますので、胃腸の弱い人は生ものは控えて冷たいものを摂りすぎないよう気を付けましょう。

 

体内の余分な水分を排出し、胃腸の働きを整えるには、水のめぐりをよくする食材、例えば豆類や穀類、ウリ科の野菜をお勧めします。それでもムクミやだるさが取れない時には、生薬のブクリョウ、タクシャ、チョレイ、ヨクイニン、ボウイ、モクツウ、ビャクジュツ、ソウジュツなどを、その人の症状と「証」に合わせて服用することも必要です。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日