当院のブログ
施術コラム

秋の養生

2016.08.03 | Category: 漢方薬,食育関連

秋は植物が実を結び、そろそろ収穫を迎える時期でもあります。

 

夏からの陽の気が少なくなり、陰の気が増えてくる季節です。秋では、外に向かっていたエネルギーを冬に備えて体の中に収めていくことが大切です。

 

秋は空気が乾燥し、人間の身体も同様に乾きやすくなっています。乾燥などで肺の働きが落ちていくことで、鼻やノドの病気が多くなる季節です。

 

白い食材は体や肺を潤し、乾燥を防ぐことができるので、例えば豆腐、杏仁、白ゴマ、白きくらげ、松の実、くるみ、栗、落花生、ギンナンなどを意識的に摂ることをお勧めします。

 

また、秋は夏に消耗した気力、体力を補う意味で滋養強壮効果のあるニンニク、高麗ニンジン、田三七ニンジン、ガジュツなどを取り入れましょう。どうしても乾燥とムクミ、疲労が取れないときには、オウギやショウキョウをベースとした漢方薬、例えば「補中益気湯」などの服用も必要になることがあります。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日