当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > その他,東洋医学 > 頭痛について

頭痛について

2016.08.27 | Category: その他,東洋医学

頭痛を大きく分けると、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の三種類に分けられます。その他一部急激に起こるくも膜下出血や脳出血による頭痛があります。

 

頭痛も慢性化している方々が多く存在し、ほとんどの方が薬剤により、だましだまし頭痛と上手にお付き合いしているみたいです。

 

片頭痛なら冷やし、緊張型頭痛なら温めたりしている方もいます。冷やすことで血管を収縮させたり、また温めることで血管を拡張させたりできます。しかしこれらの療法は、対症療法と言ってその場しのぎにすぎないのです。

 

東洋医学では、経絡という考えに基づいた頭痛治療があります。これは、頭のどの場所に頭痛があるかをさぐり、その原因となる経絡を良くしていくことで頭痛を改善していきます。

 

頭頂部なら厥陰肝経、側頭部なら少陽三焦経、少陽胆経、前頭部なら陽明胃経、後頭部なら太陽膀胱経、というように痛みの発生している場所の経絡を治療することで根本的な頭痛治療ができるのです。

 

他にも首が原因で起こる頭痛もあります。その場合には、首の治療をメインに行い、頭痛治療を補助的に行うことで頭痛の改善をすることが出来ます。また天気によって頭痛が起きたり良くなったりする人がいますが、風湿といった証の人にこのような症状を起こす人が多いですので風湿の治療をしていきます。

 

最終的には、どのような頭痛であっても薬剤を必要としないレベルにまで頭痛を改善していくことが治療の目的となります。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日