当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > むち打ち症,症例報告 > 競走馬から落下した症例

競走馬から落下した症例

2016.08.31 | Category: むち打ち症,症例報告

調教師30歳代の男性。馬の世話をしようと馬にまたがり馬をゆっくり歩かせていたところ、馬が突然興奮し両前足を浮かせたことで調教師はバランスを崩し地面に転落。2メートル以上の高さのところから地面にたたきつけられた。

 

首、背中、腰、大腿部に強度の打撲と捻挫を起こした。レントゲン検査による骨への影響は無し。

 

本人が言うには、こうして生きているのが不思議なくらいで運が相当よかったらしい。普通は、転落後に馬に蹴られて内臓破裂するパターンが多いらしい。命拾いしたと言っていました。

 

治療は、このままレントゲンを撮った病院で行っていましたが、10日間後に当院を受診。

 

当院での治療は、首から背部、腰部にクリッカーで冷却療法。さらに首から背部にかけてはクライオパックにて冷却。腰、大腿部は干渉低周波、打撲痕が顕著なため桔梗石膏、治打撲一方を勧めました。左右の足の照海、兪府、尺沢に置針、大椎、手の曲極に置針、腰と首に筋肉弛緩テープを貼付

 

治療から一カ月後、炎症が治まったようなので、このころは背部、大腿部が約6割、首から背部が5割症状の改善がある。ここからは、身体全体のむくみ(とくに下腿)が出現してきたため、腎兪、大腸兪、京門に置針、太白、漏谷、金門に置針を行った。さらに患部には干渉低周波を行った

 

治療三か月後、腰部、大腿部は痛みが消失したので治療を終了。首と背部の痛みは、鈍い痛みと重だるい感じが三割くらい残存。ここからは、委中、飛陽、崑崙に置針しさらに左右の天宗に置針と干渉低周波治療

 

治療から四カ月で、首から背部の痛みがほとんど気にならないレベルにまで回復しており、その後も経過良好のため治療を終了した症例です

 

 


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日