当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > その他,未分類 > 血糖値と運動

血糖値と運動

2016.09.01 | Category: その他,未分類

食後の血糖値を上昇させないためには、炭水化物の摂取を制限することはとても重要ですが、その他にも運動をすることで、さらに血糖値の上昇を抑えることができます。

 

書籍やインターネットなどの情報では、有酸素運動を食後30分~一時間以内に行うと食後の血糖値の上昇を抑えられやすいと書いてあるものをよく目にしますし、よく耳にします。

 

では、無酸素運動やレジスタンス運動(筋力トレーニング)では、血糖値を抑える効果はないのでしょうか。そんなことはないんです。とくに筋力アップさせるトレーニングにより、筋腹が発達することで、この筋腹にブドウ糖を蓄えることができるので、許容スペースが増すので糖質の受け皿がそれだけ大きくなるため、血糖値が上がりにくくなります。また食後の運動ですが、これは運動の種類やメニューにもよりますが、一般的には食後30分からの運動により、30%血糖値の上昇を抑えることができると言われています。そしてもう一つ見落としてはいけないことがあり、あまり巷では言われていないですが、食前の運動によっても実は、18%血糖値が抑えられるということです。

 

例えば、食後一時間後の血糖値が150の人は、食前に運動をした後に同じように食後一時間後の血糖値を測ると計算上は123になります。

 

したがって食後の運動も大事ですが、胃下垂や胃腸虚弱などの症状を持っている人は、食後に体を動かすことがなかなか出来にくいので、なるべく食前に運動をすることで血糖値が十分に下げることができるのです。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日