当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > 医学全般 > ストレスからくる症状2

ストレスからくる症状2

2016.09.23 | Category: 医学全般

交感神経が正常値よりも高く、副交感神経が正常値よりも低い場合は、どうしたらよいでしょうか。

 

考えることは、交感神経を抑制するか、もしくは副交感神経を高めていくか、あるいはこの両方を行うことです。

 

なるべくこの二つの自律神経は、差が無いほうが望ましいです。この差があればあるほど自律神経がらみの症状や病気が発生してきます。

 

西洋薬で自律神経を調整するものが多数あり、服用している方を何人も診てきましたが、この西洋薬は、脳の視床下部に作用させていくので、あまり服用し続けていくと将来的に痴呆やアルツハイマーなどを誘発することがあり、なるべくなら他の方法で自律神経の調整をすることをお勧めします。

 

東洋医学では、針、灸、漢方薬などで自律神経を調整させることができるので、興味のある方や実際自律神経系のお薬を病院から処方されて飲んでいる方でお悩みの方は、一度ご連絡をお待ちしております。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日