当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > むち打ち症,交通事故治療,症例報告 > 後続車に追突されて下部の腰痛を訴えた症例

後続車に追突されて下部の腰痛を訴えた症例

2016.09.27 | Category: むち打ち症,交通事故治療,症例報告

交通事故の症例です。

 

20歳代前半の女性で、交差点を停車中、後ろの車が追突し受傷。その時には、焦りと緊張とで痛みが無かったのですが、2、3日経過した後から徐々に腰の下のほうに痛みが出始めた模様。

 

受傷後、9日目に当院を受診。レントゲン上は異常が無いと言うことで、当院での検査を行うと、左右の仙腸関節周辺に広い範囲で鈍重感と圧痛があり、就寝中にも同部位の自発痛がありました。

 

自発痛があるということで、入浴は控えるように指示し、また荷物など腰に負担のかかる物などは持たないようアドバイスをしました。コルセット装着の必要性も説明しました。

 

治療は、患部広範囲の仙腸関節周辺にクライオパックと干渉低周波。手の曲池と大椎に置針。これを自発痛が取れるまで行いました。

 

二週間後、干渉低周波に軽擦法、曲池、大椎、次リョウに置針。

 

七週間後、干渉低周波、遠赤外線、手技療法、仙腸関節の矯正、屈伸穴、次リョウに置針。

 

九週間目、圧痛、運動時痛もかなり改善しており経過も良いため、治療を終了としました。

 

腰痛と言っても、下部の腰痛、つまり仙腸関節痛の患者さんも多いですよね。上部腰痛と下部腰痛は分けて治療をすることが大事かと思います。仙腸関節では、痛みの部分が筋肉なのか、関節自体からくるものか、靭帯性のものなのかを鑑別診断する必要があると思います。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日