当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > 症例報告 > オートバイや自転車に乗ると背中が痛む症例

オートバイや自転車に乗ると背中が痛む症例

2016.11.30 | Category: 症例報告

30才代の男性で、週末はよくオートバイや自転車で遠出をする方なんですが、長時間二輪車に乗っていると、右の背中が徐々に突っ張ってきてしまい、そうなると休憩を入れながらでないと、二輪車に乗り続けることが厳しいということです。

 

 

ここ何年間もこのような状態が続いており、定期的にマッサージには通っていたそうですが、ここのところ、症状が辛いということで当院を受診。

 

当院での各種検査では、脊柱起立筋の右胸椎近傍部にかなりの筋の膨隆が認められました。それと同部位の筋の硬結と筋緊張がありました。左右を比較すると明らかに右T3~T9の筋腹による膨隆を感じることができました。

 

治療としては、チュウカン、ジョウカン、ゲカンいわゆる三睆処置、キカイに置針。右の肺経の「火穴」が陽性のため、右シャクタク、右ケイキョに置針。右の天宗に四カ所置針と灸。右大椎(扁桃処置)、右T5(頸椎処置)、右T11(糖代謝処置)に置針と灸。さらに大転子処置と屈伸処置。そして右ヨウホと右ガイカン(側湾処置)、最後に骨盤と胸椎、頸椎のモーションパルペーションにより矯正部位を探しリスティングに基づき矯正を行いました。

 

普段の日常生活動作では、症状が出現することはないので、治療後の効果は分かりませんでした。二輪車に長時間乗ってみて、どう変わっていくかを追っていくしかないようです。それと治療後の右胸椎脊柱起立筋の膨隆がどのくらい改善しているのかを経時的に追っていく必要があると考えました。

 

週に一回の治療を継続的に行っていき、三ヶ月間、治療をしてみたところ、右胸椎の筋膨隆は、多少の左右差はみられる程度で、最初の時とは比べものにならないくらいに膨らみが消失しています。また長時間の二輪車走行でも、今はまったく突っ張った感じが無いようです。これからも二輪車には乗りこんでいくようなので、今後は、月に二回、予防も兼ねて通っていただき、様子をみていきたい症例です。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日