当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > 未分類,東洋医学,漢方薬 > 「独活寄生丸」と「疎経活血湯」について

「独活寄生丸」と「疎経活血湯」について

2017.01.31 | Category: 未分類,東洋医学,漢方薬

一概にこの二つの漢方を分けることはできないですが、大まかに分けるとすると、独活寄生丸の方が高齢者に向いていることが多いです。

 

痛む時間ですが、独活寄生丸の場合の痛みは、継続しての鈍痛が多いです。疎経活血湯は、夜間や朝方にかけて鋭い痛みを訴える人が多いです。

 

痛みの適応場所は、下半身に効果を発揮するのが独活寄生丸で、疎経活血湯は、全身の痛みに適応しています。もちろん、下半身にも適応します。

 

 

痛みの特徴としては、しびれと鈍重感の場合は独活寄生丸が効きやすく、刺痛や固定痛は疎経活血湯が効きやすいです。

 

慢性の座骨神経痛の症状には、独活寄生丸が効きやすく、急性の鋭い神経痛(激痛)には疎経活血湯が効きやすいです。

 

 

退行性変化で年齢と共に骨が弱くなり、骨粗鬆症などがある場合には、腎虚の状態が強く、独活寄生丸がこの腎虚の適応となります。。ちなみに独活寄生丸は、肝虚の適応でもあります。

 

 

血行不良になる血液の停滞が原因で起こる痛みには、つまり瘀血が強く現れている場合には、独活寄生丸よりも疎経活血湯をお勧めします。

 

 

骨に関連する慢性痛の一種、脊柱管狭窄症では、独活寄生丸が適応となっています。

 

 

よく見られる症状として、たとえば雨の降る前の日に足が痛んだりしびれたりする、また梅雨の時期や台風シーズンなど、つまり天気により症状が悪化する場合、これは湿度や風による影響を受けております。この状態を東洋医学では、「湿邪」、「風邪」といい、この湿邪、風邪の時に使うのは独活寄生丸です。湿邪、風邪の他に独活寄生丸では、寒邪が関係しています。

 

 

耐えがたい座骨神経痛で夜も眠れず、じっと安静にしていても針で刺すような強刺激の痛みがあり、しかも痛みや場所が一定の部位に限って現れている場合には、疎経活血湯を用います。このような瘀血の症状が強い神経痛を疎経活血湯は和らげてくれますが、もし疎経活血湯でも我慢し切れない痛みが続く時には、さらに強い駆瘀血剤として環元清血飲や通導散、時には桂枝茯苓丸などを合方したりする時があります。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日