当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > 症例報告 > 突然発症した右のワキ腹の痛み(症例)

突然発症した右のワキ腹の痛み(症例)

2017.02.25 | Category: 症例報告

30才後半の男性で、半年前から右のワキ腹が痛くなったらしく、これといって原因は思いつかないと言うことです。

 

内科、胃腸科で検査をしたみたいですが、血液、胃カメラ、超音波、大腸カメラ、レントゲン、すべてにおいて問題ないらしいです。

 

 

病院では、整腸剤、消化剤、精神安定剤が出ており、3,4ヶ月飲んだみたいですが、それも効かずに今は何も飲んでいないようです。

 

 

その後、骨盤矯正、整体、ヨガ、体操、水泳、自転車など、良いと思うことは色々とやって来たみたいですが、はやり右のワキ腹が気になる、ということで当院に来院しました。

 

腹診においては、肝のエリアと胆のエリアに反応がありました。また左の腎のエリアにも反応がありました。既往歴としては、花粉症、夜にトイレが近い、中学の時に足首の重度の捻挫、足が冷えやすい、など。

 

 

右ワキ腹の症状は、体幹の動作時には出現しないようです。右季肋部を押圧すると奥にいやな鈍い痛みと違和感があるようです。それと朝、起きた時だけ動作時痛があるようです。

 

 

アレルギー、朝の痛みなどは、自律神経系が関与していることが多く、とくに副交感神経の亢進で起こりやすいと言われています。

 

 

以前、精神安定剤が出ていたということは、おそらく薬により交感神経を抑制していたと思われ、交感神経の抑制では変化がないということもこの薬で分かっていますので、なおさら逆に副交感神経を抑えることを試してみることも一つの治療手段に考えました。

 

 

最初にH5F5井穴刺絡で副交感神経の亢進を抑えました。その後、肝と胆の腹部エリアの押圧が楽になっていました。

 

次に腎の腹診での反応があったので、また夜中のトイレの回数も年齢の割には多いと判断し、左右のF3井穴刺絡を行い、その後、腎の腹診エリアの反応を取り除きました。

 

 

次に右F1F6井刺絡を行い、その後、もう一度右季肋部の押圧での変化を確認したところ、痛みと違和感がだいぶ楽になっているため、初回はこれで様子をみることにしました。

 

 

三日後、症状の変化を聞きましたら、朝の起きはじめの痛みが半分くらい楽だということでした。その他の自覚症状は、分かりにくいので初回同様の治療を三日おきに六回行いました。

 

六回目の治療時には、朝起きはじめの痛みは、約九割取れているということです。

 

 

夜中のトイレの回数は、一回だけになる日が出てきたそうです。

 

右のワキ腹の痛みは、残り一割くらいでほとんど気にならないレベルにまで改善されているので、また痛みが気になり出したら来院するよう指示をさせていただき、治療を終えた症例です。

 

今回の症例では、H5F5という副交感神経の亢進を抑えたことにより、症状が改善されましただ、それと同じに右のF5が少陽胆経ですので、経絡上の影響もあったのかもしれません。

 

いずれにせよ、患者様サイドとしては、とにかく何でもいいから良くして、という思いでしたので、楽になって本当によかったと思います。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日