当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > むち打ち症,交通事故治療,症例報告 > 交通事故で痛めた首と腰の症例

交通事故で痛めた首と腰の症例

2017.03.27 | Category: むち打ち症,交通事故治療,症例報告

30才代の女性で、交差点で停車中、後ろからノーブレーキの車に追突され、その勢いで前の車にも追突してしまい受傷。

 

玉突き衝突事故の1番手のようでした。

 

事故の直後は、緊張していたこともあり、痛みも何も出ていなかったようですが、翌日から徐々に首、背中、腰にかけて痛みだしてきた模様。

 

レントゲン検査では、異常所見は認められませんでした。

 

当院で検査をしたところ、神経根に異常は無かったです。その他、筋肉、靭帯、腱、関節、骨の検査でも特別陽性反応を示すものはありませんでした。

 

 

治療としては、炎症を引かすためにクライオパック、クリッカーなどの冷却療法を行うほか、自宅でも患部のアイシングを勧めました。病院で抗炎症剤と胃粘膜保護剤が出ているので、忘れないで飲み続けながら当院での治療となりました。

 

 

最初の二週間は、冷却療法と物理療法が中心となりました。三週間目くらいから当初の半分くらいにまで痛みが治まっており、炎症期を過ぎたと思われますので次の段階に入りました。手技にて仙腸関節を緩め、また後頭部に付着している筋肉と筋膜にアプローチをかけていきました。

 

 

患部には物理療法として干渉低周波を当て、腰方形筋、脊柱起立筋の外側部、澱筋(中澱筋、大澱筋、梨状筋)を中止に筋肉を緩めていきました。

 

 

治療科から一ヶ月で約9割症状の辛さが取れているようでした。

 

だいぶ痛みが落ち着いており、物理療法と骨盤の矯正にて身体のゆがみを整え、患者様本院も、ほぼ痛みを感じていないとおっしゃっているので、治療から約一ヶ月半で後遺症を残すこと無く交通事故からの痛み治療を終えた症例でした。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日