当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > 症例報告 > 急性の首痛の症例

急性の首痛の症例

2017.05.29 | Category: 症例報告

20才代後半の女性で、朝起きたら首が左側に回らなく、またうがいのために首を後ろに倒せない状態に陥り、四日間放置しても治らないため当院に来院しました。

 

当院の検査では、首の左旋痛と左旋制限、それと後屈時痛と後屈制限が強く現れておりました。その他、神経根症状、胸郭出口症候群テストなどはすべて陰性でした。

 

 

治療としては、左右の斜角筋を押圧して運動痛と運動制限を確認してみると、左旋痛と左旋制限が六割程度痛みが取れているので治療後に斜角筋テープを貼ることにしました。

 

 

最初に左右の陽明胃経、陽明大腸経の井穴刺絡を行いました。この時点で首の後屈時痛と後屈制限が約八割程度改善しています。あとの二割程度の痛みは、頸椎の真ん中つまり督脈上に一カ所残っているのみらしいです。

 

 

そこで関元、中極付近の圧痛点を探し、圧痛点を押さえながら首の後屈をしていただいたところ、痛みが完全に消失しているので、この圧痛点に置針+雀啄+灸を行いました。その後もう一度首の後屈をしていただきましたが、ほぼ後屈の痛みは取れています。

 

 

痛みの他に左旋制限が残っていたので、操体法にて左旋制限を取り除きました。

 

 

二日後に、再度来院していただき、痛みの状況を確認しましたが、一回目の治療が効いているのか、痛みがかなり落ち着いているとのことなので、今回、もう一度、左右の陽明胃経、陽明大腸経の井穴刺絡を行い、同じく斜角筋テープを貼り直し、もしまた痛みが現れたら連絡をいただきたいと患者さんに話しをし、治療を終了した症例です。

 

 

寝くじいたような首から背中の痛みは、通常は放っておいても二、三日で楽になりますが、数日経過してもほとんど痛みの程度が変わらない時には、治療が必要な時があると思います。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日