当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > その他 > 肩関節痛の治療ポイント①

肩関節痛の治療ポイント①

2017.07.20 | Category: その他

問い合わせからの質問を拝見させていただくと、肩関節の動作時痛に悩んでいる先生方が沢山いらっしゃるようです。

 

そこで今回は、一般の方を対象とするのではなく、施術者を対象とした肩関節痛の施術対策を考えていきましょう。

 

肩関節の動作では、前方挙上、後方伸展、水平外転、水平内転、外旋、内旋と大きく六つに分かれており、これらが複雑に絡み合った動作が肩関節の運動となります。

 

例えば、結髪動作では、水平外転、前方挙上、外旋の三つが加わった動作であり、結帯動作では、水平内転、後方伸展、内旋が加わった動作となっています。

 

患者さんの痛みのある動作を一つひとつ分析して痛みを取っていかなくてはいけないと思います。

 

肩関節痛の原因ですが、頸椎からの神経が原因で痛みを起こしている時があります。各種神経根検査で判断していただき、もし神経根ががらみの肩関節痛であれば、治療ポイントは頚部神経根となります。

 

他動的動作において、肩関節の運動制限がある場合、拘縮ではなく強直の可能性があるので、これ以上の改善は、難しい時があります。

 

急性期痛と慢性期痛の判断も必要です。それぞれに応じた治療プログラムを立てていくことになります。

 

ドロップアームテストでは、腱板断裂の程度を判断することができますし、急性の激痛では石灰沈着も視野に入れておく必要があります。この場合は、適切な施術をすることが重要かと思います。

 

教科書に載っている施術では、たしかに肩関節の痛みを取り除くことは難しく、実際の肩関節に対しては、それなりのテクニックと技術、特殊治療などを修得していく必要があると思います。

 

それぞれの施術法によっても考え方や治療法が異なると思いますし、流派によってもまったくやり方が違います。

 

分かりやすく、いますぐに実践できる方法をいくつか挙げておきますので試してみてください。これらのやり方で、今まで痛みのために動かせなかった肩が上に挙げられようになっていただければうれしい限りです。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日