当院のブログ
施術コラム

Blog記事一覧 > むち打ち症,交通事故治療 > 交通事故治療のポイント①

交通事故治療のポイント①

2017.07.27 | Category: むち打ち症,交通事故治療

交通事故に遭ってしまった後、どのような生活スタイル、もしくは治療(施術)をしたら、後遺症が残らないようになるのでしょうか。

 

病院によっては、交通事故直後であっても、受傷後二ヶ月経過していても同じ治療内容であるところがけっこう多いんです。

 

とくに交通事故では、受傷後から約二週間の間、適切な生活スタイルと適格な治療をしっかり行うことによって、後々、後遺症を残すことがかなり軽減されていきます。

 

患者さん本人も正しい知識を身につけていた方が後々まで後遺症に悩むことなく楽しい生活を送る事ができるので、ここで、もしご自身が交通事故に遭ったらどうすればよいのか、学んでおくといざという時に役に立つと思います。

 

 

交通事故直後は、ショックのあまり痛いと訴えるケースは少ないです。どんなにダメージがあっても事故直後に首が痛い、腰が痛いと訴えることが少ないのです。しかし交通事故による瞬時のダメージは計り知れないものがあります。

 

 

一番多いケースは、とりあえず痛くなくても交通事故は怖い、という認識が自分の中にあるためか、検査をする人が多いようですが、問題は検査によって異常なし、と言われた場合、たいがいの人がここで安心をしてしまい、交通事故など無かったかのごとく、検査をした日を境に交通事故の事を忘れてしまい、普段の生活に戻ってしまいます。ここが実はワナなんです。

 

 

交通事故損傷は、実は検査で異常所見が出ない事の方が多いんです。ですから交通事故直後、ただちに検査をして異常が無い、と言われても受傷後二週間経ってから徐々に首が痛くなってきたり、腰が辛くなってきたりするんです。

 

 

つまり、交通事故後、約二週間前後くらいしてから徐々に事故による症状が顔を出してくるんです。


お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日