当院のブログ
施術コラム

ホーム > Blog記事一覧 > 1月, 2017 | 土浦・牛久で交通事故にあったらすぐに土浦交通事故治療センターへの記事一覧

「独活寄生丸」と「疎経活血湯」について

2017.01.31

一概にこの二つの漢方を分けることはできないですが、大まかに分けるとすると、独活寄生丸の方が高齢者に向いていることが多いです。

 

痛む時間ですが、独活寄生丸の場合の痛みは、継続しての鈍痛が多いです。疎経活血湯は、夜間や朝方にかけて鋭い痛みを訴える人が多いです。

 

痛みの適応場所は、下半身に効果を発揮するのが独活寄生丸で、疎経活血湯は、全身の痛みに適応しています。もちろん、下半身にも適応します。

 

 

痛みの特徴としては、しびれと鈍重感の場合は独活寄生丸が効きやすく、刺痛や固定痛は疎経活血湯が効きやすいです。

 

慢性の座骨神経痛の症状には、独活寄生丸が効きやすく、急性の鋭い神経痛(激痛)には疎経活血湯が効きやすいです。

 

 

退行性変化で年齢と共に骨が弱くなり、骨粗鬆症などがある場合には、腎虚の状態が強く、独活寄生丸がこの腎虚の適応となります。。ちなみに独活寄生丸は、肝虚の適応でもあります。

 

 

血行不良になる血液の停滞が原因で起こる痛みには、つまり瘀血が強く現れている場合には、独活寄生丸よりも疎経活血湯をお勧めします。

 

 

骨に関連する慢性痛の一種、脊柱管狭窄症では、独活寄生丸が適応となっています。

 

 

よく見られる症状として、たとえば雨の降る前の日に足が痛んだりしびれたりする、また梅雨の時期や台風シーズンなど、つまり天気により症状が悪化する場合、これは湿度や風による影響を受けております。この状態を東洋医学では、「湿邪」、「風邪」といい、この湿邪、風邪の時に使うのは独活寄生丸です。湿邪、風邪の他に独活寄生丸では、寒邪が関係しています。

 

 

耐えがたい座骨神経痛で夜も眠れず、じっと安静にしていても針で刺すような強刺激の痛みがあり、しかも痛みや場所が一定の部位に限って現れている場合には、疎経活血湯を用います。このような瘀血の症状が強い神経痛を疎経活血湯は和らげてくれますが、もし疎経活血湯でも我慢し切れない痛みが続く時には、さらに強い駆瘀血剤として環元清血飲や通導散、時には桂枝茯苓丸などを合方したりする時があります。

帯状疱疹後神経痛(症例)

2017.01.25

60才代の男性で五年くらい前に帯状疱疹に罹ったそうです。その後、病院で治療を受けるまでに二週間以上の間があり、痛みが治った後も時々帯状疱疹後神経痛に悩まされているそうです。

 

注射や飲み薬により治療をしても痛みが引かず、大学病院を転々としたそうですが、その甲斐もなく症状が楽になることはなく途方に暮れていたそうです。

 

自分の症状を本で調べると、改善法として食べ物や日常生活で気を付けることなどが書いてあり、実践したみたいですがそれも効果がなく、たまたまビワと健康新聞で当院のことを知り、連絡を取りまして来院に至ったそうです。

 

症状は、左の肋骨の外側部とくに肋骨の5~9番当たりに差し込む痛みと左腋窠の前後に同じく差し込む痛みがありました。毎日この痛みと闘っているので精神的にイライラしているとのことでした。

 

 

治療としては、腹部周辺にビワの葉温熱を、そして左右の四肢末端には遠赤外線を当てました。その後H5F5の井穴刺絡を三回繰り返し行いました。

 

この時点で痛みはあるものの、刺し込む痛みから鈍い痛みに変わったと言っております。

 

肋骨外側に関しては、あまり痛みを感じなくなったそうです。次に左H1,H2、H3の井穴刺絡を行いました。これにより腋窠周辺の鈍い痛みも感じにくくなってきたそうです。刺し込む痛みが消えているのですごく楽だとおっしゃっています。

 

一週間おいて二回目の治療です。前回の治療ですごく食事がおいしくなったと言っています。また夜も痛みのために何度も起きていたのが、いまは起きなくなったので熟睡できるよになったとも言っています。

 

現在トータルで九回目の治療ですが、刺し込む痛みは気にならないそうです。鈍い痛みがあと三割程度残っているらしいですが、夜も痛みで起きることはなくなったそうですし、何よりも外出することが多くなったそうです。以前は痛みの方が先立ってしまい、ついおっくうになり家の中に閉じこもりきりの生活が多かったようですが、いまは積極的に足が外に向くようになったそうです。

 

残りの三割の痛みをさらに取れるよう、もう少し継続して治療をしてみたい症例でした。

交通事故による首、肩、頭痛(症例)

2017.01.23

10年以上前に交通事故に遭われた20代後半の女性の症例です。

 

主訴は、10年以上前に交通事故に遭い、それ以来首の痛み、両肩の痛み、頭痛がひどく、それに加えて生理痛がひどくなり、手足が冷えやすくなり、不眠症に悩まされ、不整脈が時々起こり、耳鳴り、便秘と下痢を交互に繰り返す、すごく疲れやすく気力が無い、といった様々な症状を訴えるようになったそうです。

 

 

福島県近くにお住まいのため、二、三ヶ月に一度のペースで治療のため当院に来ていただいています。

 

当院で問診からはじめ、各種検査をおこないましたが、自律神経系の乱れが大元にあると感じました。それと同時に脊柱がかなり敏感な状態になっており、棘突起から左右近傍を押圧すると、すべての箇所に痛みがありました。神経過敏症状もあり、これらもおそらく自律神経系の影響であると思います。

 

自宅近くの漢方専門店で二種類の漢方薬を飲んでおり、これでもだいぶ漢方を飲むようになってからは良くなっている方だと、おっしゃっています。

 

漢方を拝見させていただいたところ、駆瘀血剤中心の処方のようでしたので、これに足りないものを治療で補っていこうと考えました。

 

気虚、血虚、瘀血、があるため、これらを中心に治療方針を考えました。また慢性の痛みを長年続けて来たためか、全身の抵抗力もかなり落ちていることに気づき、体質改善を狙った治療法を考えました。また漢方薬は、理気剤を入れた処方を追加してもらうように、漢方店に言ってもらうよう、指示をいたしました。

 

 

現在、当院に通い始めてから二年以上になりますが、前文に書いたような症状は約七割以上は取れているそうです。たまにストレスが強い時には、症状も強く現れるようですが、それも一時的であるようです。

 

 

基本的な当院の治療として行っているのは、胃の気処置、瘀血処置、扁桃処置、三睆処置プラス気海、関元処置、腎と肺の火穴処置、左右の天宗四点処置、頭部瘀血処置、椎骨脳底動脈処置、その他来院時の辛い症状があれば、その治療をプラスしています。

 

いまは一月という季節柄、非常に寒い時期でもあるにも関わらず、これだけ症状も落ち着いているようなので、本人もかなり楽に毎日を過ごしているようです。

 

今後も定期的に治療を重ねていくことで、残りの症状も改善できそうなので、本人も「頑張って通いますからね」、と張り切っています。

交通事故が原因で起こる頭痛(症例)

2017.01.18

30才代の女性で、交差点で停車中、後ろから追突されて受傷。当初は首が痛く病院で二ヶ月ほど治療をしていました。首の痛みと同時にここ一ヶ月くらいは頭痛も感じるようになったそうです。

 

 

現在は、首の痛みよりも頭痛の方が辛く感じ、病院で頭痛薬を出してもらっていますが、飲むと楽になるそうですが、ずっと薬に頼る生活がこわい、との思いで当院を受診しました。

 

 

頭痛は、だいたい両耳のワキから後頭部にかけてあるようです。頭痛と首の痛みが関係しているような気がするとおっしゃっています。

 

 

入浴により、頭痛と首痛は楽になるらしいです。寒い日などはとくに痛みが激しくなるようです。

 

 

治療としては、三睆処置として中睆、下睆、上睆に置針し、さらに気海に圧痛があるために置針。腎と肺の火穴に圧痛があるため、右のフクリュウ、インコク、左のシャクタク、ケイキョに置針。曲池三点にて扁桃処置。さらに左右のイチュウ、ヒヨウ、コンロンに置針。それと漢方薬として環元清血飲、疎経活血湯、地竜を飲んでいただくことにしました。

 

治療から二ヶ月が経過しましたが、現在は頭痛がほとんど起きていないようです。寒い日や天気の悪い日の前日にも頭痛や首痛で悩まされることも無くなったそうです。

 

 

これだけ症状の楽な状態が続いているので治療をそろそろ終了する予定です。

 

念のために漢方薬はあと一ヶ月間飲んでいただいた方がよい、というアドバイスをさせていただきました。まだまだ寒さが続く季節でもあるので、漢方薬で血や気を流しやすい状態にしておいた方がよいと思います。

 

 

この患者さんは、パソコンを扱う仕事をしており、当時は、仕事中も首と頭が痛く、それに耐えながらの作業だったらしく、一日がとても長く辛い思いをしていたようですが、今は症状も無く楽しく毎日仕事に集中出来ているようです。

 

なんと言っても薬漬けの生活から解放され、また症状に対する将来の不安も無くなり、安心しました、とホッとしているみたいです。

 

 

 

自転車で転倒した際の右胸部痛(症例)

2017.01.13

30才代の女性で、12月の末、自転車で走行中、道路の溝にタイヤがはまりこんでしまい、右側に転倒した模様。そのまま右手を地面に付きながら右の胸部を地面に強打してしまし、その後治療をせずに放置したようです。

 

 

受傷から三週間経過したが、胸の痛みがまだ半分くらい残っており、さらに右腕を挙上すると右肩が痛いということで当院を受診。

 

当院での各種検査において、右肋骨の骨への影響はなさそうでした。体幹の前屈、左右の回旋時に右胸部(肋骨の7~9)に痛みがありました。右肩は、挙上時痛、水平外転時痛、水平内転時痛、さらに右肩を下にして寝ていると痛みのために目が覚めてしまうということでした。

 

 

治療としては、右肋骨の痛みが体幹の前屈、左右の回旋時に出ているので、その痛みを除去することを目的に右F2,F5の井穴刺絡を行いました。その後治療効果を確認するために、前屈、左右の回旋をしていただいたところ、前屈痛は約四割、左右の回旋時痛は約七割楽になっていました。

 

 

痛みのあるエリアが、胃経、脾経の近くなので、右F1,F6の井穴刺絡も行いました。その後、再度前屈、左右の回旋をしていただいたところ、前屈痛が五割、左右の回旋時痛が九割楽になっていました。

 

右肩ですが、挙上時痛があるので、右F3,F4の井穴刺絡、そして水平外転時痛、水平内転時痛があるので、右H2,H5の井穴刺絡を行いました。その後、治療効果を確認するために肩の動作を行っていただいたところ、挙上時痛はほぼ取れていました。水平外転時痛もほぼ消失しており、水平内転時痛だけが五割程度の痛み消失に留まりました。

 

その後、一日置きに六回の治療をいていただき、右胸部、右肩関節もほぼ痛みを訴えることも無くなりました。

 

水平内転だけが残り二割くらいの痛みがあり、右の帯脈に三点処置をしたところ、この水平内転時痛も消失したようです。

 

 

その後、帯脈処置だけを続けて四回行い、水平内転時痛もかなり落ち着いているので治療を終了とした症例です。

 

 

水平内転時痛だけが若干最後まで残ってしまい、治療に時間が掛かってしまいましたが、右側の疾患なので、厥陰肝経が絡んでいたのかもしれません。もしくは、副交感神経亢進が絡んでいたかもしれません。あるいは、痛みの部位が固定でしかも患部を下にすると痛みで目が覚めてしまうことから瘀血があったのかもしれません。いずれにせよ、帯脈処置で効果があり、肩関節の運動時痛には、この帯脈処置が欠かせませんので、施術者の方でも取り切れない肩関節痛には試してみてください。取穴の方法ですが、左右のどちらかの腹斜筋の外側で、指で押圧して硬結のある部分、もしくは患者が痛みを感じるところがその人の帯脈のツボです。このツボに指で押圧しながら水平内転を行っていただき、動作時痛が楽であれば帯脈で効いていきます。その際、その帯脈の左右にも針を刺入し、雀啄でこの帯脈の硬結を取り除くことがポイントです。硬結が無くなり次第、針を抜刺し、再度動作時痛が変化しているかを確認していくのです。

交差点で停車中、追突されて痛めた首腰の症例

2017.01.06

50才代前半の女性で、夜間交差点で停車中、後ろから来たトラックに追突されて受傷。

 

 

受傷から一週間経過してから、首や腰に徐々に痛みが出始め、二週間目には首を曲げたり腰を曲げたり反らしたりするだけでも痛みがあるということです。一ヶ月様子を見たらしいですが、仕事中も辛くてきついということから当院を受診。

 

当院での検査では、骨、関節、靭帯、神経根、筋肉などの著しい異常所見はありませんでした。おそらく炎症が続いているために痛みが首から背中、腰部へと広範囲に及んでいるものと考えられました。

 

 

動作では、首の前屈時痛、左屈時痛が陽性でした。腰は、体幹の前屈時痛、後屈時痛が陽性でした。

 

 

治療としては、まず炎症を速やかに除去することを目的に扁桃処置、胃の気処置、瘀血処置、副腎処置を行いました。

 

 

一日置きに一ヶ月間治療をしたことで、初診時に比べ半分程度痛みが和らいでいます。

 

ここからは、前回までの治療に追加して三睆治療、気海を加え、さらに副腎処置の代わりに腎と肺の火穴処置を加えました。さらに背部兪穴のT11,T5、屈伸穴、大転子処置を加えて一ヶ月間治療をしました。

 

治療から二ヶ月が経過し、この時点で約八割程度痛みが楽になっています。日常生活では、ほとんど痛みや症状のことが気にならないレベルにまで回復しているので、ここからは自宅でもできるリハビリなどを教え、その後も痛みが楽になっているので、ストレッチや筋力トレーニングなどの強い刺激のメニューもやるよう指示を出しております。この時点で治療は一応終了となりました。

 

交通事故やむち打ちなどの場合、患部処置が有効なのは、受傷から約三週間くらいだと思います。この期間を過ぎてしまうと患部以外の部分からの治療アプローチが必要であり、痛みを根本的に治すにも遠隔治療を行うことが重要だと思います。

お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日