当院のブログ
施術コラム

ホーム > Blog記事一覧 > 4月, 2017 | 土浦・牛久で交通事故にあったらすぐに土浦交通事故治療センターへの記事一覧

ヨガにより生じた首痛(症例)

2017.04.26

40才代の女性の患者さんで、五日前にヨガのポーズを行ったところ、首から左腕にかけて痛みが生じたということです。

 

 

痛みは日増しに強くなり、昨日はかなり気になると言うことで仕事にも集中できなかったようです。このような症状で悩むことがたまにあるそうですが、通常は、長い時間をかけてマッサージをすることで改善していたようです。今回もマッサージ院にかかっていたようですが、今回だけはなぜか痛みの程度がまったく変わらないということで来院しました。

 

 

当院の各種検査においては、頸椎神経根におけるデルマトーム(知覚)テスト、筋力テスト、反射テスト、各種神経根テストはすべて正常でした。また胸郭出口症候群テストも正常でした。スパーリング、ジャクソンテストによる左腕への誘発も認められなかったでした。ということは、左腕と首とは、神経による影響がないということになります。

 

 

首の右屈痛が一番辛く、次に右回旋時痛と続き、さらに前屈時痛が三番目に辛いということでした。

 

 

昨日は、ゆっくりと入浴をしたらしく、しっかり温めることでかえって症状がひどくなった可能性があります。温めたことにより症状が悪化したと思われます。これは、炎症があることを意味します。

 

 

本人への説明として、炎症があるということが原因で首から腕への痛みがあることを伝え、今週いっぱいは入浴を控え、ぬるめのシャワーで済ませるよう指示をし、またできれば痛みの出ている左頚部周辺へのアイシングを勧めました。炎症を抑える基本はRICE処置の一つであるアイシングです。

 

 

酒も飲まれるようなのでアルコールによる身体への血液の循環促進作用を説明し、今はなるべく身体内を冷やすことを目的として、食材にも料理にもこだわった方がよいことを話しました。この場合、清熱作用のある桔梗石膏、地竜、牛黄、などを頓服として飲む事も有効だと思います。

 

 

治療としては、一番辛い首の動きである右屈痛と右回旋痛を取ることを目的に、「右キモン」に格子状テープを貼り、さらに頸椎五番の2横指左側に格子状テープを貼りました。これにより右屈痛、右回旋時痛が約六割楽になっています。半分以上症状が改善しているので、今存在している炎症が引いてくれればさらに症状改善が期待できると思います。

 

 

ご自宅でのアイシングを中心に禁酒と入浴の制限を行っていただくよう話しをして治療を終了としました。

 

 

どうしても痛みのあるときは、温泉が良いということを皆さんが思いつくみたいで、体を徹底的に温めてしまう人が多いですが、症状によっては、温めることが逆効果となることがありますので、痛みのある時は素人判断でお風呂でゆっくり温める前に一度診察を受けることをお勧めします。

 

 

一つの判断基準としては、入浴により温めることで患部の痛みが増強するときは、炎症があるかもしれないので、この場合は温めるのとかえって症状を悪化させてしまうことがあります。とくに急性期の場合は炎症反応が強く、慢性期の痛みの時は、筋硬結や血流不全、筋疲労などが考えられます。

 

 

いずれにせよ、痛みを起こした時には、ご自分で判断せずにすみやかに専門家に診てもらいましょう。

交通事故による首痛と左手のしびれ(症例)

2017.04.20

30才半ばの女性で、交差点で信号待ちをしていたところ、後ろから追突されて受傷した模様です。

 

 

受傷後三ヶ月間病院にてリハビリを行っていたそうですが、一向に良くならないということで当院に転院してきました。

 

 

病院での精密検査では、MRI、レントゲン、CT、血液検査を行っておりますが異常は見当たらないということで、軽いむち打ち症という診断でリハビリに毎日通っていたそうです。

 

 

病院では、遠赤外線、電気療法、湿布が主なリハビリのようで、飲み薬も出されていたそうです。ちなみに飲み薬は、痛み止め、胃粘膜保護剤、ビタミンB12です。

 

当院にて確認したところ、頸椎神経根テスト、胸郭出口症候群テストは陰性で、ギヨン管、肘部管のチネルサイン陰性、ただ尺骨神経エリアに放散痛としびれがあるようです。

 

左小指の知覚過敏が陽性、指屈曲力左右正常、腱反射すべて正常でした。左右の手指の温度差があり、左手指の方が冷たいです。入浴により身体を温めると左手のしびれは一時的に楽になるそうです。現在は首の痛みよりも左手指の、とくに小指のしびれ感が気になるということです。

 

 

治療のヒントとしては、血流障害により神経への負担があると思われます。とくに尺骨神経への負担です。橈骨神経、正中神経は正常のようです。尺骨神経エリアに沿ってしびれが出現しています。

 

糖代謝が落ちるとしびれの原因になります。また糖代謝が落ちると酸素供給も落ちます。この二つを上げていくために針を使いました。「タイハク」、「インリョウセン」、「右カンモン」、「右ケイキョ」に置針をしました。次に脊柱の流れを良くするために三睆(中晥、下晥、上晥)、「キカイ」に針を施しました。さらに痛みを数ヶ月以上我慢していたために抵抗力も落ちていたので扁桃処置として「ダイツイ」、「ショウカイ」、「手サンリ」、「キョクチ」に置針をしました。

 

 

血液を改善させるために、疎経活血湯、地竜を飲んだ方が良いとアドバイスをさせていただきました。

 

 

治療から約一ヶ月後、左手指のしびれは、あまり気にならないようになってきたようです。このころから本人の笑顔を見ることが多くなりました。

 

 

さらに一ヶ月間しっかりと治療をし、漢方薬も毎日欠かさずに飲んでいるということでした。

 

 

今は、仕事中でも首の痛み、手のしびれをほとんど感じることがなく、自ら残業も出来るほど治療の効果を実感しているようです。

 

 

今週からは、痛みとしびれのために中止していた水泳教室にも復帰するとおっしゃっていました。

 

 

最初来院した時には、このままずっと痛みとしびれが取れないかもしれないということに対する不安で、夜も眠れない日々を送っていたそうですが、元の生活に戻れたので本当に良かったと思う一症例でした。

朝、起きはじめの腰痛(症例)

2017.04.19

今回は、40才前半の女性の患者さんの症例です。

 

 

当院に来たのは二ヶ月前で、最初は右の肩の痛みを訴えて来院しました。

 

 

物干し竿をより高い位置に引っかけようと両手を伸ばした時に右の肩に痛みを感じたのが原因だとおっしゃっていました。

 

 

まだ肩を痛めてからの時間がそれほど経過していないため、経絡を通す治療を中心に行いました。

 

 

その結果、治療から数週間でほぼ肩の痛みを感じることはなくなりました。

 

 

そろそろ痛みも落ち着いてきており、あとはご自宅で肩の柔軟(ストレッチ)と肩周りの筋肉を鍛えていくリハビリを説明していたところ、実は肩がこんなに楽になったので、今度は引き続き腰も診てほしい、と言われました。

 

 

聞くところによると、元々腰は丈夫ではないらしく、ここ四、五年くらい前から朝、起きはじめに腰が痛くて辛いそうです。ただ起きてしまえば、徐々に腰の痛みも和らぎ、20分~30分もじっとしていると痛みも感じなくなるということみたいです。どうやら朝だけ腰が痛いということみたいです。

 

 

腰痛治療のため、何カ所か病院や治療院にも通ってみたそうですが、やはり朝、起きはじめの痛み(朝腰)は変わらないということみたいです。

 

 

今までの治療内容をお聞きしたところ、温熱、温泉、牽引、マッサージ、手技、整体、矯正、電気治療、気功療法などをやってきたみたいです。病院では、飲み薬も処方されていたようですが、やはり朝起きはじめの痛み(朝腰)は変わらないということで、そのうち服用しなくなったみたいです。

 

 

当院では、腹診、舌診も加え、身体の状態を診させていただきました。腹診、舌診ではとくに気になる所見はありませんでした。ただ幼少期からアレルギー症状があるということ、皮膚がかぶれやすいということ、お腹が緩いなどから判断して、しかも今回の症状が朝にかけて現れていることから自律神経系の異常から来る朝腰の可能性があり、とりあえずH5F5の井穴刺絡を行ってみて後日、朝の腰の痛みに変化があるかを聞かせていただくことにしました。

 

 

三日後に再び来院していただき、朝腰の様子を聞きましたところ、不思議と半分以上楽であるということです。

 

 

やはり自律神経系、とくに副交感神経の異常興奮が朝腰の原因であったようです。引き続きH5F5の井穴刺絡を三日おきに行いました。

 

 

いま現在は、朝、腰の痛みのために目が覚めることも無くなり、また起きはじめの腰の痛みも当院に来る前と比べて八割以上楽なようです。意識しなければ日常生活、とくに朝の腰痛を感じることは無くなったようなので、この時点で治療を終了としました。

 

 

夜間から朝方にかけての痛みは、自律神経系の乱れが原因であることが多いです。様々な治療を行っても夜間痛、早朝の痛みがある方は、自律神経の調節が必要な時がありますので、長年このような症状で悩んでいる方は、ためしてみてください。

お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日