当院のブログ
施術コラム

ホーム > Blog記事一覧 > 6月, 2017 | 土浦・牛久で交通事故にあったらすぐに土浦交通事故治療センターへの記事一覧

風水学と病気の関係について③

2017.06.29

今回の風水学と病気についてですが、慢性の頭痛、慢性の神経・精神性疾患、慢性の眼の病気などで長年病院に通い続けている方を対象としたお話しです。

 

 

原因のはっきりしない頭痛、神経・精神疾患、眼の病気で毎日悩んでいる方が多いのも事実です。

 

 

原因の明確なものであれば、治療のプログラムや対策、予防が立てられやすいですが、問題はどこにも異常所見が無いにも関わらず、頭痛で悩んでいる方が多いということ。

 

 

視点を少しだけ変えてみることで、意外と長年の頭痛から解放されることがあるんです。

 

 

メビウス環上では、南方位には、脳、神経、眼などに関連しているので、家の宅心(中心)からみた南方位(45度のエリア)にちょっとだけ視点を向けてみましょう。

 

 

意外と、ここに答えが隠されていることがありますよ。

 

 

例えば「張り」と言って南方位だけが突き出たリビング、玄関などになっていませんか。もしくは、南方位に大きなマドガラスが張られており、薄いカーテンだけで仕切られていませんか。この南方位の部屋で寝ていませんか。しかも枕の位置も南方向にしていませんか。

 

 

南の方位は、元々「陽の気」が多いことから気の高ぶりや興奮状態に陥りやすいのです。

 

 

学術的には、南方位は九紫火星に回座しており、象位としては、情熱、火、照らす、尖鋭、最高、知性、精神、首から上、視力、目、顔面、不眠、頭痛、ノイローゼ、発見、暴露、美的、外観、流行、出生など、輝き過ぎて派手さのあるイメージです。

 

 

車で言うと、いつもオーバーヒートを起こすくらいの勢いがある象位とも言えます。ですから一歩間違えると、頭に血が上りカットして暴力を振るったり、イライラがつのって人に八つ当たりをしたり、オーバーヒートによる頭痛を起こしたり、目の奥の痛みを起こしたりするんです。

 

 

南方位の部屋が張り出しいる時には、なるべく二重カーテン、もしくは三重カーテンでしかも遮光カーテンにより部屋全体に陽の気の熱を伝えないこと、南から北への風の通りを良くすること、南方位の寝室であれば、ベッドや布団を南方位を避けてそして枕の位置も南方位を避けること、場合によっては寝室を一度北方向に移してみて、症状の変化を診てみるのもいいと思います。

 

 

一年単位で症状の変化を気長に診ていく必要があると思います。

 

お子さんの場合、手の付けようが無い程のやんちゃな子供の場合、もし南方位に子供部屋があるなら、北方位の部屋に変えてみると、二、三年でかなり精神状態も穏やかになり、安定した性格に変わっていきますよ。

風水学と病気の関係について②

2017.06.28

今回は疲労をテーマに風水学との関わりについて話しをしていきましょう。

 

 

疲労について二つに分けるとすれば、肉体的疲労と精神的疲労ですよね。

 

 

肉体面での疲労を取り除くには、また普段から仕事や学校などで肉体的疲労を訴えている方は、休養や栄養のある食事も大事ですが、東の方向の部屋を良くすることをお勧めします。

 

 

宅心(家の中心)からみた東方向(45度のエリア)は、三碧木星に回座しており、この方位の象位としては、震、雷、音、発見、発明、発育、鋭敏、果敢、迅速、革新、激しい、進む、伸びる、成長、向上など、前向きな現象と結びついています。

 

 

臓腑分布としては、主に肝臓と結び付いております。この根拠はメビウス環上に載っているので参照してください。

 

 

疲れが溜まると肝機能も衰えてきます。

 

 

肉体的疲労が慢性化している時には、一度東方向のへやを意識してみてください。ここに火気であるコンロが置いてあったり、流し台があったり、電子レンジやトイレなどが来ていませんか?

 

 

気分転換として運動をしたり趣味に没頭したりするのも勿論良いですが、何をやっても取れない疲労感があるときには、この東方向全体を改善していくことにより、自然と疲労感が不思議と無くなってくるのです。

 

 

例えば、早朝、東のマドを開けっ放しにして良い陽気を取り入れ、コンロなどがあれば位置をずらす。汚れたカーテンは取り替える。部屋の隅をきちんと掃除する。部屋のガラクタをすべて処分する。東のマド周辺に観葉植物や緑の物を置くなど、ちょっとした工夫次第でダルサやムクミ、疲労感などが少しずつ改善していきますよ。

 

 

東の方向は、肝と関係しているので、酸味のある物、例えば柑橘類や酢の物、梅干しなどを適度に摂取することも大事ですが、風水学を活かして東方向を良くすることで身体のダルサを取り除くことも一つの手段として考えてみてはいかがですか。

 

 

それでも疲労感が何年も続くようであれば、ご自分の寝室を思い切って東方位に変えることをお勧めします。自分の部屋が東北や南西ではないことを確かめることも重要ですが、思い切って東方位に寝室や書斎を持ってくることをお勧めしています。またベッドの位置ですが、枕が東方向を向くようにベッドの向きを調整してみると、よいエネルギーや気が体中に充満していき、疲労感が抜けきって逆に元気いっぱいの身体になっていきます。

 

 

体内の気は、夜中に遊走しやすいと言われていますので、この東方向の部屋を寝室にすることで夜中に良い気が体に充満していき、朝起きた時には、元気一杯の体で目覚められるということです。

 

仮に悪い部屋にずっと寝続けていると、朝の目覚めが悪く、朝から身体が重くダルイ状態がいつまでも、そして永遠と続いていくのです。

 

 

病院に行ってもダルサや疲労の原因が見つからない人は、一度、ご自分の家を意識して見ていくといいですよ。意外とそこに答えがあるかもしれませんよ。

風水学と病気の関係について

2017.06.27

風水学の基礎を理解している先生方を対象に話しをしていきます。

 

各宮座には、宮座ごとにそれぞれ人間の臓腑が割り当てられ、この家相風水学を利用して慢性病の治療と予防にあてている施術者もいます。

 

長年、住み慣れた家ですが、家の方位、方向によっては体調の変化を起こす方位、方向が存在します。これは、気や経絡と同じように目には見えない方位、方向という気の流れが存在するのです。

 

厄年なども目には見えない気の流れの一種で、男性であれば生まれてから42年目にこの目に見えない気の流れが低下してしまうことで、思わぬ病気や不慮の事故を起こしやすいと言われています。この厄年は、目には見えない時間という気の流れが原因とされていますが、家には、風水という目には見えない家の中の気と水の流れが関係しています。

 

例えば、長年の冷え性をお持ちの方、生理痛などがひどい方の場合、自分の部屋が北側にあるかどうかを一度確認してみるといいですよ。

 

この北の方位は、一白水星でこの象位としては、腎臓、耳、肛門、尿道、脊髄、アザ、ホクロ、などと関連しています。できればご自分の宿命運をだしてみて、この北の一白にキズが付いているようであれば、ご自分の寝室を東や東南、もしくは南の方向に変えてみるのも一つですよ。

 

すぐには体調の変化を期待できないですが、三年以上続けて寝床を変えただけで、気の流れが変わりだし、足のムクミ、冷え性、生理痛、などが改善された例が沢山あります。

 

子供であれば、引きこもりやいじめなどを受けている場合なども、その子供の部屋が北方向にあるかを確認してみましょう。どうしても北の方位の象位として、物事をじっくりゆっくりと深く考えてしまうことをするのです。学者や研究員などは、これを利用してあえて北方向を書斎にする人もいますが。

 

ちなみに引きこもり、消極的な性格、おとなしい性格、内気な性格を、活発で自発的な何でも挑戦するようなエネルギッシュな性格にするには、南向きの子供部屋をお勧めします。

 

ですから、大人でも神経質過ぎて繊細な人は、ご自分の寝室が北方向にあるのであれば、東、東南、南方向に一度変えてみましょう。少しずつ気持ちが明るくなってきますから。

三年前の交通事故による腰の痛み(症例)

2017.06.13

20才半ばの男性で、三年前にオートバイで走行中、車と接触事故を起こしたそうです。それ以降、腰から左足にかけて痛みとしびれが長く続いており、いまでも無理をしたり疲労が重なると腰から左足にかけて症状が出るそうです。

 

病院にも通っており、痛み止めの薬を処方されているそうですが、あまり薬の効果を感じることがない、と言っております。

 

まず、当院に来る前に電話で大まかな症状をお聞きしており、まずMRIかCTを撮ることをお勧めしました。

 

神経根に異常があるかを確認しておきたかったからです。その後、MRIの結果、病院側からの診断としては、骨や神経、関節などに異常は無いということでしたので、ここから当院での治療をスタートすることになりました。

 

SLR、ラセーグテストがやや陽性で、またKボンネットテストでも陽性反応がありました。左足首には、冷えを感じております。痛みとしびれは、左臀部から左大腿外後面、左小指にまで及んでいます。

 

 

入浴によりかなり症状が軽減するということです。

 

 

普段は、事務職でこれといって運動をしていないようです。運動をしたいそうですが、運動をし過ぎたり、無理な運動を行った後に症状が出ることも多いので、つい運動や身体を動かすことをしなくなってしまったそうです。いまは、この症状を出さないように逆に身体を大事に扱い、あまり無理な動作や動きをあえてしないように生活しているそうです。

 

まず、この患者さんの場合、血流不全から腰、足へと痛みやしびれが関連していると思います。そこで日常生活での指導として、冷たい飲み物が大好きらしく、キンキンに冷えたビールで痛みを紛らわすこともあるようなので、冷たい飲料の摂取を控えるよう指導しました。ビールは、常温の赤ワインに変えるよう指導しました。

 

そして、ウォーキングを毎日、朝と夜の二回、10分間だけでいいから始めてもらうように話しました。

 

 

冷えと血液循環を促進するために漢方薬を中長期的に飲んでもらうよう指示しました。そして週に一回、定期的に治療を行っていただき、三ヶ月後にどのくらい症状の改善があるかを聞いてみることにしました。

 

 

治療としては、左右の筋肉、左右、前後の骨格のアンバランスを整えるために連動操体法を行いました。

 

 

治療後、腰から左足への痛みとしびれはかなり治まっているようです。筋肉と骨格のアンバランスを整えることをメインとした治療を行っています。

 

三ヶ月後、症状の方ですが、最初の痛みとしびれから比べると約半分くらい楽になっているとおっしゃっています。やはり三年以上患っている症状を取り除くには、それなりの年月がかかるのですが、本人はかなり喜んでおります。

 

病院での痛み止めは、いまはほとんど飲んでいないようです。

 

ここから先は、さらに筋肉を付けてもらうために、ウォーキングの時間を一回につき20分行ってもらうようにしています。さらに腰回り、臀部周辺、脚部の劣っている筋肉を付けていただくために、この患者さんに合った運動プログラムを考え、それを実行していただいております。治療は、二週間に一回のペースにしました。これでさらに三ヶ月後の症状の改善度合いを診ている症例です。

 

さらなる改善があれば、ウォーキングから軽いジョギングに切り替えて、より心肺機能を高めながら血液循環のさらなる促進をねらっていく予定です。

 

お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日