当院のブログ
施術コラム

ホーム > Blog記事一覧 > 9月, 2017 | 土浦・牛久で交通事故にあったらすぐに土浦交通事故治療センターへの記事一覧

交通事故による首と手のしびれ(症例)

2017.09.29

50才代の女性で二年前、オートバイで走行中、車と接触し、そのまま左側に転倒して受傷。交通事故から二年が経過しており、たまに疲れが重なった時や天気の崩れる前日に左首から左手先にかけて痛みとしびれが起こるようです。今回もおそらく疲労からか、左首から左手先に痛みとしびれが出現し、あまり治らないのでマッサージ院にも二回ほど行きながら様子を見ていたそうですが、それでも症状が変わらないということで当院にいらっしゃいました。

 

 

当院の検査では、スパーリングテスト、ジャクソンテスト、イートンテスト、腱反射、知覚検査、筋力検査などすべて正常でした。胸郭出口症候群テストも陰性でしたが、左斜角筋部を押圧し続けると、左手先にしびれが増しました。左胸鎖乳突筋にも圧痛がありました。

 

 

施術としては、左後頚部の患部に沿って寸六三番の針を刺入し、その脇に灸を行いました。手先から肘にかけては干渉低周波を当てました。

 

 

これを一日置きに三回に渡って行いました。三回目の施術の後、症状の経過を聞いたところ、首の痛みは四割くらい楽だが、手先のしびれはまだ残っているとのことです。

 

 

四回目からは、前回の施術に首の牽引を追加してみました。牽引を三回行いましたが、手先のしびれはまだ残っていると言うことです。

 

 

施術七回目からは、施術方針を変えて、左斜角筋の圧痛を取り除くことを目的に、左タイハク、左インリョウセン、キモン、左ケイキョに針と灸を行いました。さらに左の胸鎖乳突筋の圧痛を取り除くために対側の右のキュウキョ、右シトクに針と灸を行いました。施術後、左手先のしびれがかなり緩和しているとのことなので、続けて同じ施術を二週間行いました。

 

この施術により、左首の痛み、左手先のしびれがほぼ改善されたようなので、もう一週間、続けて同じ施術をしました。

 

 

その後も痛みとしびれは現れていないようなので、これで施術を終了とした症例でした。

 

 

今回、最初は西洋医学的針灸の考えで神経根をねらって施術を試みてみましたが、手のしびれまでは改善されませんでした。そこで、東洋医学的針灸の考えに変えて施術をしたところ、良い結果が得られました。ちなみに筋緊張緩和処置、糖代謝処置、酸素供給処置に変えました。これにより首の残りの痛みとしびれが改善されました。

 

 

やはり、長患いの症状では、患部からのアプローチよりも身体全体から診ていった方が改善率が高いような気がします。

免疫のお話し②

2017.09.28

前回からの続きです。

 

 

では、ストレスと上手に付き合い、免疫力を上げるにはどうすればよいでしょう。

 

 

それは、前回お話しをしたように、ストレスの元を絶ちきることです。しかし、なかなかストレスの元を絶ちきることができない場合もあります。

 

 

その時には、そのストレスを抱えたまま別の行動を起こしていきましょう。

 

 

まずは、充分に休息を取ることです。できれば森林浴や湖畔など、穏やかに自然に囲まれたところで深呼吸を沢山することです。

 

 

深呼吸をすることで、交感神経を落ち着かせ、副交感神経を優位にしていきます。副交感神経が優勢になると、イライラ感や緊張がほぐれ、リラックスした気分になります。

 

 

また深い呼吸により、新鮮な空気が体の隅々にまでいき届き、免疫細胞が活性化していきます。

 

 

次に趣味に没頭する時間を作ることです。何の趣味でもいいので、自分が好きなことに専念できる時間を少しでも多く作りましょう。何かに夢中になることでストレスを感じなくなっていきます。

 

 

次に誰かにストレスの原因となる悩みを話してみることです。人に話したところで悩みの解決にはならないかもしれませんが、人に話すことでストレスの重荷が半分くらい軽減されるんです。信用のおける親友や知人、身内などに悩みを打ち上げる勇気を持つこともストレスを除去する上では必要になってきます。

 

 

次に運動をすることです。適度な運動をすることで心も身体もリフレッシュすることができます。考え方が前向きになりますので建設的な心構えが身に付きます。

 

 

次にストレスが加わると一日の生活リズムが徐々に狂ってきがちになります。ですから毎日一日三回の食事をしっかり摂り、栄養のバランスを考えた食生活をすることです。カルシウムを多く摂ることで良い精神状態を保つことができるので、小魚、牛乳、豆類、海藻類などもしっかり摂るようにしましょう。糖質を多く摂ると、自律神経の乱れを招きますので、糖質は、控えめにして、できれば食事の最後に摂取するようにしていきましょう。具体的には、野菜や味噌汁を最初に食べきり、その後に魚、肉、豆腐、卵などのタンパク質を食べきっていただき、最後に糖質である白米やうどんなどを適量食べることが糖の吸収を穏やかにしていきます。

免疫力のお話しです

2017.09.27

免疫とは何でしょうか。

 

免疫を分かりやすくいうと、自分の体の中に入ってきた悪いもの達を追い払う働きのことです。

 

もっと分かりやすくいうと、体の中に敵が侵入し、この敵に体を包囲されないよう、こちら側も兵隊を用意してこの敵に立ち向かわなければなりません。この兵隊を集めることを免疫と言います。

 

免疫力を別の言葉で言い換えると、抵抗力、耐性力とも言います。

 

 

私たちの体の中には、一日に何千個というガン細胞が入り込んでいます。しかし、このガン細胞を免疫細胞という細胞がやっつけてくれているんです。

 

 

したがってこの免疫力が落ちてしまうと、ガンをはじめ風邪や他の病気にも罹りやすくなっていくのです。

 

 

この免疫力は、20歳をピークとして徐々に落ちていきます。ですからなるべく免疫力を落とすこと無く、むしろ免疫力をアップさせるような生活を送ることが一生病気知らずの人生を送ることにもつながりますので、免疫力をアップさせる方法をいくつかご紹介しましょう。

 

 

まずは、ストレスがもっとも免疫力を下げると言われています。適度なストレスは生きていく上でも必要ですが、過剰がストレスをいかも何年も溜めていると、免疫力は間違いなく落ちていきます。

 

 

ストレスにより、自律神経の交感神経が優位に立ち、免疫細胞の働きが弱ってきます。なぜストレスに侵されているのか、その根本原因をつきとめ、なるべくストレスを少なくしていきましょう。

交通事故を起こさないために③

2017.09.21

雨の日の走行では、スリップなどによりタイヤが滑って左右に流れてしまうことから、思わぬ事故につながることがあります。

 

 

ですから雨の日には、いつも以上にスピードを落とすことが基本です。またFR車の場合には、万が一ブレーキングやコーナーリングで後輪が流れてしまった時には、タイヤが流れた方向とは逆にハンドルを切る「逆ハン」というテクニックを使うと、流れた後輪が元の走行に戻ることがあります。ただこれは、それなりの運転技術が必要とされます。余談ですが、逆ハンによりハンドルの切る角度とタイミングがずれると、さらに反対方向に後輪が流れてしまう「ハイサイド」という現象も起こりますから、逆ハンを切る時には、このハイサイドも頭の隅に入れておくことが重要です。

 

 

 

坂道発進時に車体が後ろに下がってしまう車をたまに見かけます。ただ、オートマ車の技術進歩により、いまは坂道発進時に車体が後ろに下がってしまうことから起こる交通事故は少なくなっています。それでも勾配の急な上り坂では、しっかりとサイド発進をしないと事故を起こす可能性がありますので注意が必要です。

 

 

大型トラック、大型ダンプカー、大型バス、大型トレーラーの場合は、第三グレーキが作動しますので、急な上り坂でも後ろに車体が下がることは少ないです。

 

 

 

大型トレーラーの場合には、その他の大型車両のライン取りとは少し変わった走行をします。詳しい事は省きますが、トレーラーでは、鋭角クランク並みの左折をする場合、左折時の巻き込みにはもちろん注意をするのですが完全なる死角が一瞬発生します。また右肩の部分が対向車に当たることがありますのでこの二点を注意する必要があります。

 

 

 

高速道路での交通事故は、大事故につながる可能性があります。とくに首都高などでは、高速スピード、合流、急カーブ、減幅車線、増幅車線、瞬時標識の確認と瞬時進路変更などを行うため、運転手の集中力、咄嗟の判断力、機敏なドライビングテクニックが要求されます。また空気圧、タイヤの溝など足回りの点検も必要となります。

 

 

 

これらのすべての能力が総合的に持ち合わせていないと、、高速道路を安全に走ることは難しいと思います。

 

 

もし、さらに詳しい情報やご質問がある方は、ホームページの「問い合わせ」から承りますのでお願いします。

 

 

 

交通事故を起こさないために②

2017.09.15

前回からの続きです。

 

 

さらに自動車事故で多いのが、車で交差点に進入した際の横断歩道にいる歩行者の存在を見落とすことです。

 

交差点では、対向車、巻き込み確認などに意識が集中し、意外と横断歩道にいる歩行者に気づくのが遅れ、そのまま歩行者にぶつけてしまうケースがあります。車を運転している人なら、これも一度や二度は、ひやっとした経験をしたことがあると思いますが。

 

交差点では、事故を起こす確率が高いですから、このポイントを意識しながら運転をすることをお勧めします。さらに交差点では、巻き込みによる接触事故も多いです。ですから左折する場合には、早めに左ウィンカーを出し、さらに左路肩に車を寄せる意識を持つことも重要です。

 

 

次にカーブを曲がり損ねての事故をみていきましょう。カーブの角度がきつくなればなるほど、スピードを落としていかないと、遠心力で車は対向車線にはみ出してしまいます。

 

 

カーブを曲がる時には、スローインファーストアウトという走り方の基本を学ぶことが重要で、これを守りながら、なおかつそのカーブに応じたスピードで走ることで対向車線にはみ出すことを防ぐことが可能です。スローインファーストアウトとは、カーブの直前で、できるだけ減速をし、カーブにさしかかっている間は、アクセルもブレーキも掛けない状態で通過し、カーブの終わりから再びアクセルを徐々に踏みながら加速をしていくという方法です。

交通事故を起こさないためには①

2017.09.14

交通事故と言っても歩行中の事故、自転車走行中での事故、車に乗っている時の事故、などがあります。

 

 

この中でも最も多いのが車での事故です。些細なことで思わぬ自動車事故につながってしまうことがあります。

 

 

今回は、車での事故を考えていきましょう。

 

 

なぜ車の交通事故が多いのか、どうすれば交通事故を防ぐことができるのか、これらのポイントをみていきましょう。

 

 

今回は、居眠り運転などによる追突事故は除外してみましょう。

 

 

車は、死角と言われる運転席側からは見えない部分が意外と多く存在します。唯一頼りになるドアミラーですが、このドアミラーの見える範囲をもっと広げるよう、セッティングを考え直すことで死角を大幅に減らすことが出来ます。まー、それでも完全に死角をなくすことは不可能ですが、この不可能な部分は、直接目視といって自分の目で確認しなければならないのです。この作業を行うことで、死角がらみの交通事故はほとんどといっていいくらい防ぐことができます。

 

 

交通事故で多いのが、この死角があることでの進路変更時の接触事故です。みなさんも一度や二度は進路変更の際、クラクションを鳴らされた経験はないですか?

 

 

また、これも意外と多いのですが、ルームミラー重視の人です。とくに女性のドライバーにこのような傾向が見られます。ルームミラーしか見ず、まったくドアミラーを見ないで運転している人がいます。これは非常に危険な安全確認の仕方なので、ルームミラーの他に、必ずドアミラー、フェンダーミラーを見て安全を確かめるようにしていきましょう。

体調不全の話し

2017.09.12

何となくだるい、寝ても疲れが取れない、気持ちが沈んで元気が出ないなど、体調不全を訴える時はないですか。

 

 

病院で検査をしても病名がつかず、どこも異常なしと診断をされてしまう。いいところ、ビタミン剤を渡されて帰らされる。こんな経験をした人もいるかと思います。

 

 

このような体調不全や体調不良は、多忙な毎日、不規則な生活、緊張やストレス、暴飲暴食、運動のし過ぎ、運動不足など、心や体の問題が蓄積されて起こるとされていますが、このような時にはどうすればよいのでしょうか。にんにくやらっきょう、レバーなど栄養価の高い食物で解決できればいいのですが。

 

 

西洋医学の診方からすると、各種検査にて異常所見がなければ、打つ手がないと言われています。栄養剤やビタミン剤でごまかすくらいです。

 

 

こういう時には、漢方などの東洋医学が威力を発揮することがあるんです。

 

 

東洋医学では、病名が付かないけれど何となく調子が悪い状態を「未病の状態」といい、こういう時に対処することができるのです。

 

 

漢方では、疲れの原因を脾や腎の不調と診ることがあります。元気がなく、食欲がわかず、胃もたれを起こしやすく、下痢しやすい人の場合、脾の失調とみます。脾が弱ってくると食べた物の栄養が消化吸収しずらくなり、吸収されないために力が入らず、心も体も疲労しやすくなり、どんどん虚弱になっていきます。

 

 

また腎の失調により、蓄えられた精気が消耗し、疲労のため元気がなくなり、足や腰がだるく重くなっていきます。そして足腰の力がなくなり、少しの歩行でも疲労感を訴え、やがて足の冷えやムクミを訴えるようになります。これを我慢すると腰痛や座骨神経痛へと進むケースがあります。

 

 

この脾や腎が衰えてくると、脊髄を通して脳にまで関係していき、睡眠障害などにより不眠に陥ることもあります。熟睡できないと、内蔵機能や神経・精神が休むことなく、たえず活動している状態が続くので、さらに疲労感が増していくという悪循環に陥ります。

 

 

このような体調不良の場合、単純に脾や腎を強化する漢方薬を中・長期的に飲んでいくことで、徐々に体調不良を改善していくことが可能となってきます。

 

 

常に体調不良や体調不全を訴えており、どうしてよいか分からずに悩んでおられる方は、一度漢方専門士に相談してみてはいかがですか。

 

 

きっとあなたに合った体調を整える漢方に巡り会えるかもしれませんよ。

 

 

ロコモティブシンドロームについて

2017.09.08

ロコモティブシンドロームは、通称ロコモと呼ばれます。

 

 

ロコモは、骨、関節、筋肉などの運動機能が低下し、生活の自立度が下がる状態をいいます。

 

 

このような状態で何も対処しないと、将来的に要支援、要介護になる恐れがあります。

 

 

ロコモになる原因は、二つあります。一つ目は運動器自体の疾患によるもの、二つ目は加齢による運動機能の不全です。

 

 

ロコモ状態になると、日常生活における自立度も下がり要介護や寝たきりになってしまう可能性があります。また家に引きこもりがちになってしまうことも多くなるため、メタボや認知症になる可能性も高くなってきます。

 

 

またロコモは、高齢者だけでなく、早い人では四十歳くらいから始まります。高齢者ではないから安心という事はないんですよね。

 

 

では、どうすればロコモを予防できるのか。

 

 

それは、適度な運動と食生活の改善です。

 

 

筋肉を鍛えるための運動と、筋肉を作るための健康的な食生活がとても深く関係しています。

 

 

ご自身の状況に合わせた運動習慣と健康的な食生活をしていくことがロコモ予防には大切なのです。

 

 

実際の運動の方法と食事指導は、後ほど説明していきたいと思います。

お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日