当院のブログ
施術コラム

ホーム > Blog記事一覧 > 10月, 2017 | 土浦・牛久で交通事故にあったらすぐに土浦交通事故治療センターへの記事一覧

交通事故の後遺症で悩んでいる症例

2017.10.27

30歳後半の女性で、20代の時に交差点で停車中、後ろからトラックがノーブレーキで突っ込み、そのまま意識を失い、気がついた時には病院のベッドの中だったそうです。丸二日間、意識が無かったそうです。

 

 

その後、首から左のアゴにかけての痛みがあり、治療をしていたそうですが、最後まで痛みが残ったのが左のアゴ周辺のようです。

 

 

整形外科、口腔外科、内科、心療内科と渡り歩いたそうですが、なかなかアゴの痛みは取り除くことが出来ておらず、知人の紹介で当院にお越しくださいました。

 

 

口の開きも若干少なく、大きく開こうとすると痛みが伴いました。食事の際、アゴを動かす時に痛みがあるそうですが、普段の生活では気にならないそうです。

 

 

元々食べる事が大好きのようでしたが、現在は食べるとアゴが痛いので、楽しんで食事をすることも出来ず、かなりのストレスになっているそうです。

 

 

左アゴ周辺には、押圧による痛みがありました。

 

 

首からの誘発検査を行いましたが、首からアゴへの影響はなさそうでした。

 

 

下垂処置、八難処置の検査で誘発テストを行うと、押圧とアゴの開口が楽になっております。とくに八難処置検査では楽になります。したがって施術としては、扁桃処置、瘀血処置、八難処置を針と灸にて行いました。針は寸六三番針を使い、置針後、入念に雀啄を加えました。

 

 

施術後、開口とかみしめ、押圧をしていただき、施術前と変化があるかを確認したところ、かなり楽になっており、久しぶりに痛みのない感覚を味わった気がする、とおっしゃっていました。

 

 

現在、六回目の施術に当たっていますが、最初に比べ七、八割程度痛みが緩和されているそうです。

 

 

食事の際の激しい痛みも出ておらず、いまは友人とランチをしに行ったり、自分から積極的に料理を作るようになったと喜んでおります。

 

 

このまま施術を続け、できれば残りの二、三割の痛みも完全に取りきれるよう、経過を追っている症例の一つです。

運動会で痛めた腰(症例)

2017.10.25

40歳代の男性で、先週市民体育祭があり、リレーに出場したそうですが、翌日から腰が痛くなってしまい、二日後にはついに痛みのために仕事にも行けないくらいの状態になってしまったそうです。

 

病院で診察を受け、レントゲン上は異常無しということで、飲み薬が四種類出たそうです。

 

その後、一週間仕事を休み安静にしており、やっと歩けるくらいのレベルにまで回復したということで当院にいらっしゃいました。

 

当院で検査をしたところ、痛みは右の仙腸関節付近からのようです。とくに体幹の前屈時の痛みが強く現れておりました。左右の腹斜筋を押圧すると前屈痛が楽になるようです。また右の仙腸関節でる患部を押圧しながら前屈をすると楽に前屈みができるようです。

 

受傷から九日が経過しています。施術としては、腹臥位が出来そうなので、この体勢で左右の屈伸穴に寸六三番針を三本ずつ刺入し、ノーベルパルス機にて直流電気針を行いました。右の患部から左の健側へマイナスからプラスへとイオンを移しました。さらに右の大腿筋膜張筋の中間付近の硬結部を手技にて緩めました。さらに百会に頭部刺絡を行い、最後に左右の腹斜筋にバランステープを貼付しました。すべての施術が終了後、もう一度体幹の前屈を行っていただいたところ、施術前と比べ約八割くらい痛みが楽になっているそうです。

 

翌日からは、まだ急性期ということから考えて、扁桃処置をプラスして施術を行いました。

 

続けて五日間施術を行ったところ、日常生活が普通に出来るレベルにまで回復してきましたので、ここで施術を終了した症例です。

 

普段、運動を行っていない方が、急に運動会や体育祭などに駆り出されてしまうと、体がびっくりしてしまい、思わぬケガや事故につながる可能性もありますよね。

 

普段からの運動がいかに大切であるかということですよね。

右胸部の痛み(症例)

2017.10.23

50歳代の男性で、半年以上前から突然右の胸部に違和感と鈍い痛みを訴えた模様。

 

 

病院にて超音波、レントゲン、血液検査を行ったがどこも異常なしと言われたそうです。内臓に問題がないということで本人も安心したそうですが、やはり動いたりする時や夜中に右胸に鈍い痛みを感じるそうで当院へお越しくださいました。

 

 

 

位置的にツボでいうところの「右のキモン」に当たるところで、押すと左右差があり、やはり右の方が押した時に鈍い痛みを感じるようでした。この患者さんは、他にも既往歴として花粉症、幼少期に喘息がありました。

 

 

施術としては、現在も花粉症があるということから副交感神経の異常興奮が関連している可能性もあり、H5F5の井穴刺絡を行いました。その後、再び右胸部を押圧したところ、鈍い痛みが半分以上楽になっているそうです。さらに右の厥陰肝経に井穴刺絡を行い、再度患部を押圧したところ、ほとんど押した感じの鈍い痛みは消えているということです。その後、ピソマⅡを肝の井穴、そしてH5F5の井穴に合計五個貼りました。

 

 

一週間後、その後の経過をお聞きしたところ、夜の鈍い痛みがまったく気にならなくなったそうです。動作時痛も八割以上楽だそうです。

 

 

井穴刺絡の効果をすごく感じているそうです。二回目も井穴刺絡を行い、同様にピソマを貼りました。

 

 

トータル六回の施術で夜間痛、運動時痛がまったく気にならなくなり、これで様子をみてみることになりました。

 

 

当院に来る前にも整体、カイロプラクティック、マッサージ院と通っていたそうですが、あまり変化を感じず、あきらめていたそうですが、まさかこんなに良くなるなんて不思議です、とおっしゃっていました。

 

 

この患者さんの場合、夜間痛は副交神経の異常興奮が原因と考えられ、動作時痛に関しては、厥陰肝経の異常が原因であると思われました。

片頭痛で悩んでいる方の症例

2017.10.20

30歳代の女性で、20歳代から片頭痛で悩んでいるそうです。

 

頭痛外来に通ってもみたそうですが、なかなか良くならないということです。今まで何カ所も病院巡りをしているそうです。

 

日常生活ではストレスが多く、このストレスを感じると片頭痛も強くなる気がするとおっしゃっています。

 

現在は、ドラッグストアーで頭痛薬としてノーシンを買い、毎日欠かさずに飲んでいるとのことです。このノーシンは手放せないみたいです。

 

一番困ってしまうことは、このノーシンが効かない時だそうです。ノーシンが効かないと、この頭痛によって吐き気を催し、すごく気分が悪くなるらしく、寝込んでしまうことがあるそうです。

 

頭部を押圧すると、どうやら前頭部でやや右側に圧痛を感じるエリアがあります。この圧痛部位と片頭痛が出現する部位はほど一致しております。

 

疼痛部位押圧で痛みの出ている場所を取り除くことで片頭痛がどう変化するかをみてみることにしました。

 

施術としては、最初に自律神経処置として肺と腎の火穴処置を針と灸にて行いました。

 

さらに「右サンインコウ」、「右インリョウセン、「右キョクタク」、「右カンシ」に置針をし、さらに灸をしました。置針後、入念に雀啄を加えました。

 

その後、再度頭部の圧痛部位を押圧していただいたところ、半分以上痛みが楽になっているということです。

 

自律神経処置と頭部瘀血処置を軸に施術を続けてみました。さらに漢方薬として、ストレスと頭部瘀血を取り除くことを目的に、柴胡疎肝湯と環元清血飲をお勧めしました。

 

施術から三回目で、ノーシンの飲む回数がだいぶ減ったようです。痛みの程度もずいぶん低くなっているそうです。

 

施術から二ヶ月で、ほぼノーシンを飲むことが無くなったそうです。まだ頭痛が完全に消えている訳ではないそうですが、薬を飲むレベルにまでは達していないそうです。

 

前頭部にまだ若干の痛みが感じられるということで、「右ゴウコク」、「右ギョサイ」に針と灸を追加しました。

 

いまは、月に二回のペースで施術をしていますが、頭痛も出ておらず、ノーシンも飲むことなく、かなり安定しているので、このまま予防も兼ねてしばらく施術をして様子を診ている症例です。

交通事故直後から首と手のしびれ(症例)

2017.10.19

30歳代の女性で、交通事故に遭ったのが三日前で、それ以降徐々に首から右手の指先まで痛みとしびれが現れたそうです。

 

 

交通事故に遭った翌日、整形外科でレントゲンを撮ったそうですが、骨には異常がないということで飲み薬と湿布が処方されたそうです。

 

 

その後、徐々に痛みがさらに増してきており、夜も痛みのために眠れず寝返りをすると首から手に痛みとしびれを伴うということで当院を受診しました。

 

 

首には、熱感と筋の硬結と筋緊張があり、後屈にて手のしびれが増強します。しびれは手背すべての橈骨神経エリアに出現しております。腱反射に左右差は無いです。

 

 

受傷から四日目ということで、しかも交通事故を起こした後も入浴を行っていることから、また自発痛も顕著なため炎症が強いことを示しております。ですから、施術としては、まず炎症を速やかに引かすためにクライオパックとクリッカーにて首周辺の冷却を行いました。さらに手の曲池三点処置にて扁桃処置を行い、さらに左右の副腎処置を針にて行いました。炎症が強いため、桔梗石膏と治打撲一方の漢方をお勧めしました。

 

 

最低10日間は仕事を休んだ方が治りが早いということを話し、この間飲酒の制限、できれば禁止を指導しました。またワサビ、唐辛子などの香辛料の制限を指導しました。入浴は、ぬるめのシャワーを軽く浴びる程度にしてもらっています。

 

 

交通事故受傷から二週間後、当初の自発痛、首痛、手の痛みは約半分くらい楽になってきております。しびれはあまり変わっていないようです。

 

 

炎症反応が治まってきており、ここからは三晥治療、T5,T11、患部へ寸六三番針を行い、日によって首の前面にも痛みが出る時があるので、その時には「キュウキョ」、「シトク」、「タイハク」に置針を行いました。

 

 

交通事故から一ヶ月目に首の自発痛はほぼ消失し、運動時痛として後屈痛、それと手のしびれが残存しています。ここからは、「右タイハク」、「右インリョウセン」、「右カンモン」、「右ケイキョ」に置針プラス灸、T11、T5、次リョウに置針プラス灸を行いました。

 

 

この施術により手のしびれが良くなってきております。

 

 

交通事故受傷から三ヶ月が経過し、首の運動時痛、手の痛みとしびれ共にほぼ落ち着いており、天気の悪くなる前日に少し症状が出る程度です。

 

 

少しずつ手、腕、肩、首のリハビリを教えながらゆっくり入浴するよう話しました。

 

 

交通事故から四ヶ月目を過ぎて、本人が納得のいくレベルにまで症状の改善がなされているので、ここで施術を終了とした症例です。

 

 

交通事故では、受傷から最初の二週間の間がすごく重要で、この間の施術内容と日常生活のアドバイスを確実に守ってくれるかで、後遺症を残すか残さないかが決まってくると思います。

 

 

職業病による手首の痛み(症例)

2017.10.18

40歳代の女性で、20年近く軽作業の仕事をしているそうです。非常に手首を使うことが多く、夕方には手首の痛みに耐えながらも何とか仕事を我慢して行っているそうです。

 

普段の生活では、それほど右手首の痛みを気にすることはないのですが、最近ヨガを始めたらしく、ヨガのポーズによっては、右手首に体重が掛かり、その時に痛みを感じるので、ヨガを続けるためにも右手首の痛みを治療して治しておきたい、ということで当院を受診したそうです。

 

手首周辺の筋肉、関節、関節包、靭帯、腱、骨などの検査を行いましたがすべて陰性でした。ただ右手を床に付けて体重を掛けると右手首の尺側から掌側面にかけて痛みを訴えています。

 

施術としては、右手首の過度の橈屈、背屈にてやや陽性反応を示し、また痛みの部位が尺側面、掌側面にあるので、これは向井野先生経絡テストの基本パターンですので、少陰心経と太陽小腸経、厥陰心包経に井穴刺絡を行いました。

 

 

施術後、撓屈、背屈で再度痛みの程度を確認していただいたところ、ほぼ動作時痛は消えています。その後手首に体重を掛けていただき痛みの程度を確認したところ、約半分くらいは楽になっており、ただ半分はまだ痛みが残っていました。

 

 

その後も同じ施術を行い、途中から少陽三焦経の井穴刺絡も追加しました。

 

 

施術から二ヶ月が経過しますが、現在は仕事の後半でもあまり痛みを感じることはないようです。またヨガのポーズでも若干の痛みは残りますが気になるレベルではないということなので、これで施術を終了とした症例です。

オートバイ事故により受傷した左肩の痛み(症例)

2017.10.17

70歳代の女性で、ゲートボールに行く途中、オートバイでいつものように走行していたところ、路肩の溝にタイヤが滑り込んでしまい、そのまま左側に転倒した模様。自損事故のようです。その際、左肩、首を痛めてしまい、半年以上病院で治療をしていたそうです。

 

 

受傷時に比べるとだいぶ痛みが治まっているそうですが、左肩を挙上すると、挙上制限と鈍い痛みが残っているということで当院にいらっしゃいました。

 

 

病院では、レントゲン、MRI等、一通りの検査をしており、左肩の拘縮はこれ以上は治らないかもしれないが、ここまで良くなったのだから、むしろ喜ぶべきだと言われたそうです。

 

 

患者さん本人も、これで納得しようと思ったそうですが、衣服の着脱時に痛みがあり、左肩を下にして寝ていると、痛みのために起きてしまうことが毎日のことのようで、もう少し何とかしてほしいと言っておりました。

 

 

また、小円筋、大円筋、広背筋を押圧しながら前方挙上をすると痛みが楽になり、また前鋸筋を押圧すると痛みが楽になります。また腕橈骨筋を押圧しながらの前方挙上にて可動域が上がります。

 

 

施術としては、この痛みが楽になる筋肉、すなわち小円筋、大円筋、広背筋、前鋸筋、腕橈骨筋を手技にて緩めていきました。さらに左の帯脈に硬結がありましたので、帯脈に寸六三番針を置針しました。

 

 

この施術を週に二回、約二ヶ月行ったところ、可動域がかなり改善され、挙上時の痛みもあまり感じることが無くなったそうです。

 

 

夜間痛が半分くらいは消失しており、ここからは、H5F5の井穴刺絡を加えました。井穴刺絡から六回目くらいで夜間痛がかなり良くなっているらしく、夜中に痛みのために目が覚めることが少なくなったそうです。

 

 

現在は、ほとんど左肩を気にすることなく、また今まで通りオートバイを使用してゲートボールに復帰することができたと本人も喜んでいます。

 

 

今回の症例のように、他動的に可動域が改善される場合には、拘縮が原因の事が多いので、割と治りやすいのではないかと思います。

平成29年 運勢学・方位学(三碧)指標

2017.10.16

平成29年 一白水星 丁(ひのと)の酉(とり)

 

 

三合線   巳方位  酉方位  卯方位

 

五黄殺   午方位

 

暗劍殺   子方位

 

歳破    卯方位

 

本命殺   酉方位

 

本命的殺  卯方位

 

定位対沖殺 酉方位

 

相剋    未方位 申方位 戌方位 亥方位

 

太歳    酉方位

 

歳徳    壬方位

 

歳徳合   丁方位

 

歳禄    午方位

 

歳枝徳   寅方位

 

天道    乾方位 巽方位

 

天徳合   子方位

 

月徳    艮方位

 

人道    艮方位 坤方位

 

月徳合   乙方位

 

生気方   亥方位

 

歳馬    亥方位

 

太陽神   戌方位

 

福徳    午方位

 

龍徳    辰方位

 

大将軍   午方位

 

太陰神   未方位

 

歳刑神   酉方位

 

都天殺   申方位

 

白虎    巳方位

 

災殺神   卯方位

 

豹尾神   未方位

 

黄幡神   丑方位

 

姫金神   子方位

 

巡金神   戌方位 卯方位  寅方位

 

基本的には、七大凶殺、三合線を主として鑑定していきますが、より細かい鑑定のためには、その他の各象意をみていく必要があります。

 

陰遁から陽遁へと変わる時期とその周辺では、年をまたいで鑑定するため、二年間の鑑定が必要となります。したがって、方位取り(裕気取り)では、二年間の吉方位をみて判断していきます。

 

ちなみに29年度は、12月2日と12月3日を境に陰遁から陽遁へと変わります。そのため、この日周辺とこの日から先での方位取りでは、平成29度盤と併せて30年度盤も考慮して鑑定をしていきます。

交通事故の後遺症による足首の痛み(症例)

2017.10.13

22歳の男性で四年前に自転車で走行中、車と接触し自転車ごと倒れてしまいました。その時は、左の足首をアスファルトに打ったらしく、腫れと痛み、内出血がひどかったそうです。受傷後三週間くらいで内出血、腫れも落ち着いてきたそうですが、足首の痛みが残ってしまったそうです。

 

 

現在も体重を左足に掛けた時や長く歩きすぎた時などには、左足首に痛みを訴えるということで当院にいらっしゃいました。

 

 

受傷からすでに四年以上が経過していました。

 

 

当院では、足首の関節、関節包、各種靭帯検査、各種腱と腱周囲の検査を行いましたが、陽性所見はありませんでした。ただ、左の外果前下方の部分、ツボでいうところの「キュウキョ」周辺に圧痛がありました。左右差を比較しましたが、やはり左足首の方が著明な圧痛がありました。

 

 

この左足首の圧痛を取り除くことを施術目的としました。

 

 

この足首の痛みですが、反対側の「キュウキョ」「シトク」を押圧しながら再び患部を押圧すると、圧痛が取れるようです。したがって施術としては、まず扁桃処置を手の曲極で行い、さらに右のキュウキョ、右シトクに置針プラス灸を行いました。置針後、雀啄を入念に行いました。

 

 

施術後、確認のために再び患部を押圧すると、最初の押圧の痛みよりも約八割くら痛みが楽になっておりました。左足に体重を掛けた時の痛みも確認しましたが、かなり痛みが軽減していました。

 

 

現在、八回目の施術ですが、圧痛は左右差が無いくらいにまで改善しております。体重を左足首に掛けた時の痛みもほとんど消失しており、長歩きも気にならない程度にまで改善されているようです。

 

 

今回の施術からは、左足首の強化をはかるために、PMFのリズミックスタビリゼイションをはじめとするリハビリを加え施術をしています。

 

 

現在、ご自分でもリハビリにとプールで一時間のウォーキングを行っているらしく、かなり経過良好のようです。

 

 

平成29年 運勢学・方位学(八白土星)

2017.10.12

平成29年度 本命星が八白土星の方の運勢学、方位学 鑑定

 

 

中宮が一白水星  丁(かのえ)の酉(とり)

 

<運勢学鑑定>

 

八白土星は、震宮(定位三碧木星)に回座。歳破あり

 

三碧木星に同会し、四緑木星に被同会する年となる

 

 

<方位学鑑定>

 

五黄殺—–南方位

 

暗劍殺—北方位

 

歳破—東方位

 

本命殺—東方位

 

本命的殺—西方位

 

定位対沖殺—西方位

 

相剋—西方位、東北の丑、寅方位   丑は三合線上

 

 

よって

 

<吉方位>

 

西南の未方位、申方位

 

東南の辰方位、巳方位

 

西北の戌方位、亥方位

 

三合線あり   東北の丑方位

 

 

この年盤を元に、月盤、日盤、時盤を鑑定した上で、総合的に判断をくだす。

 

ただ、あくまでも年盤>月盤>日盤>時盤。この法則に従う。

 

年の空亡がある場合、なおさら方位取りをお勧めします。

 

運気の低迷している時期こそ、方位取りにより運気をアップさせていくことが重要です。

 

小児殺では、鑑定方法がまったく違いますので、引っ越しなどの際には気を付けてください。

 

 

 

お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日