当院のブログ
施術コラム

ホーム > Blog記事一覧 > 4月, 2018 | 土浦・牛久で交通事故にあったらすぐに土浦交通事故治療センターへの記事一覧

交通事故による後遺症と漢方薬

2018.04.24

炎症期が過ぎてしまった交通事故で、六カ月以上痛みに変わりがない場合、後遺症と判断していくことが多いです。

 

 

この場合、精密検査を行っても異常所見が出ないことがあります。

 

 

色々な施術を試してみても、あまり改善されない場合、どうすればよいでしょうか。

 

 

辛いのは本人だけです。この痛みのためにあらゆる施術を行ってきていると思います。

 

 

様々な角度から施術を行っても改善されない交通事故による後遺症では漢方薬で楽になるケースがあります。

 

 

漢方薬はその人によっては、まず「証」を調べることから始めます。

 

 

さらに、この交通事故の後遺症が骨からの痛みか、筋肉からの痛みか、それ以外からの痛みかを判断していきます。

 

 

筋肉の問題であれば、入浴などにより温めていくと痛みが楽になります。骨の問題であれば直接その痛んでいる骨を押すことで痛みが現れます。

 

 

また骨と筋肉の両方が原因で痛みが現れていることもあります。

 

 

それ以外の痛みというと、例えば天気に左右されて痛みが悪化する、生理中に痛みが悪化する、ストレスが加わると悪化する、など、骨や筋肉以外のものを指します。

 

 

漢方薬は、その人の「証」に対する適切な漢方を選ぶことがとても重要です。

 

 

交通事故による後遺症では、受傷後時間が経過しているほど、漢方薬も中、長期的に飲むことになります。

 

 

それは、交通事故により、変化してしまった体質を元に戻していかなくてはいけないため、時間が必要となることが多いのです。

 

 

せめて三か月以上は服用してみないと、効いているかがわかりにくいので、もし交通事故での後遺症のために漢方薬を飲むのであれば、服用期間もある程度理解してから飲んでいくことをお勧めします。

数年前の交通事故による後遺症(症例)続き②

2018.04.18

続いて首の左右の頸椎一番周辺の圧痛がり、これを「イチュウ」、「ヒヨウ」、「コンロン」で軽減させていきました。

 

 

骨周辺の組織が衰えているようなので、骨枯れ処置として左天宗四穴処置を行いました。

 

 

動作時痛については、筋膜のつながりから施術をしてみました。

 

 

骨盤のゆがみもその都度整え、左右の圧痛、その日の筋膜の変化を追いながら約三か月間施術を繰り返し行いました。

 

 

現在は、症状による痛みが施術前と比べて約七割くらい楽だということなので、ここからは施術後にストレッチと筋肉の抵抗運動を開始することにしました。

 

 

頸と腰周辺の筋肉群の柔軟性と筋力が付いてくることにより、首と腰の安定感が出てくると思うので、動作による不安や不安定感も無くなってくると思います。

 

 

筋肉が付くには、さらに数か月が必要なので、ここからは御自分でも行えるストレッチと筋肉運動を教え込ませ、週に一回のメンテナンスのために来院していただいております。

 

 

数年前の交通事故による後遺症(症例)①

2018.04.17

50歳代の男性で、数年前に交差点で左側から来た車とぶつかってしまい、それ以降、腰痛と首痛に悩まれているそうです。

 

 

症状がひどく、時には頭痛、肩こり、耳鳴りも起こるということです。

 

 

 

色々な病院で検査を受けたそうですが、異常は見当たらないということで、どこに行ったら治るのか、困り果てていたそうです。

 

 

知人から当院のことを聞いたそうで、その後、お越しになりました。

 

 

当院での検査では、知覚、反射、筋力すべてが正常で神経根には異常がないようでした。

 

 

腰の前・後屈時痛、同じく首の前・後屈時痛があり、左右の首の回旋時痛もありました。

 

 

おそらく、腰と首の長年の痛みが続いていた結果、筋肉を動かさないでいたので、筋肉が廃用性萎縮を起こし、各動作に対して筋肉が追い付いていかないようです。

 

 

筋肉を付けていくことも大事ですが、まずは痛みのためにリハビリが出来にくい状況を作っているので、動作時痛を取り除くことからはじめてみました。

 

 

圧痛部位が棘突起周辺に数か所ありました。これは、おそらく交通事故による骨への影響があったと思われます。

 

 

この骨の炎症がまだ続いているようでした。

 

 

下腹部の「チュウキョク」周辺を押圧すると、この棘突起の圧痛が軽減するので、この部位に針と灸を行い、入念に雀啄を行いました。

 

 

さらに「フクリュウ」、「シャクタク」などでもこの棘突起の圧痛が軽減しているので、これらのツボに針と灸を行いました。

 

 

次回に続きます。

停車中、後ろからノーブレーキでの追突事故(症例)

2018.04.11

30歳代の女性の症例です。

 

信号のある交差点で赤信号のため停車していたところ、後続車がノーブレーキで追突してきた模様です。

 

かなりの衝撃があったようで、後ろのボンネットは相当へっこんだそうです。

 

そのあと、病院で脳、首、腰のCT、レントゲンを撮ったそうです。

 

現在は交通事故から三か月が経過しており、首の後屈時痛、腰の後屈時痛、左回旋時痛が取り切れていないということです。

 

病院では物理療法を中心として施術を行っていたそうです。

 

当院ではリハビリなどの運動療法を中心に行いました。

 

痛みのために首や腰をほとんど動かしておらず、廃用性萎縮を起こしており、また筋肉の柔軟性も欠けており、そのために可動域が狭くなり、首や腰を動かした時に筋肉にテンションが加わって痛みへとつながっていることが考えられました。

 

疼痛誘発動作にて、痛みの原因となっている筋肉を探していきました。

 

首に関しては広背筋、小円筋、小胸筋で評価でき、腰の痛みにもこの筋肉が深く関係しておりました。

 

さらに腰に関しては、アキレス腱、大腿筋膜張筋、大腰筋なども関係していました。

 

これらの筋肉を筋膜リリースにかけていき、さらにセルフケアの仕方を教えました。

 

施術をしていくうちに、原因筋のさらなる原因筋が出現し、これらも併せて施術をしていきました。

 

施術から三か月が経過しますが、今では約八割以上痛みが楽になっており、まったく痛みが起こらない日も週に二、三日は現れており、セルフケアとしてのリハビリを毎日、ご自宅で行っていただくことがとても重要だと言うことを意識していただき、施術を終了とした症例です。

 

あとは月に一度、当院にてメンテナンスをしていただくことをお話ししました。

 

どうしても交通事故での受傷の場合、スポーツなどのケガと違い、治療期間が長くなってしまうことが多いと思います。

 

とくに今回のように無防備の状態で、突然後ろから追突されたような場合は、痛みが取り切れるのには時間が必要となるケースが多いです。

エスカレーターから転倒した症例

2018.04.04

50歳代の男性で、かなり酔っている状態で下りエスカレーターに乗ったところ、バランスを崩し転倒してしまい、そのままエスカレーターの降り口まで転げ落ちてしまったそうです。

 

 

その後、意識朦朧のまま病院に担ぎ込まれ、気が付いた時には、病院のベッドの中だったそうです。

 

 

しばらく入院後、無事退院をし、その後もリハビリに通っていたそうですが、腰と左手首の痛みがどうしても引かないということで当院にいらっしゃいました。

 

 

左手首に関しては尺屈時痛、背屈時痛、回外時痛がありました。腰に関しては後屈時痛、回旋時痛がとくに痛みの原因となっておりました。

 

 

左手首の痛みのある場所は、尺骨茎状突起の下端部周辺です。経絡テスト上では、少陰心経と太陽小腸経です。痛みの部位も経絡と一致しております。

 

 

筋膜で言うとディープバックアームライン上です。

 

 

左手首の施術としては、井穴刺絡を行いました。少陰心経、太陽小腸経の両方を行い、その後、尺屈を行っていただいたところ、痛みが九割以上楽になっているそうです。

 

 

腰に関しては、後屈、回旋の痛みが左仙腸関節で評価できており、またアキレス腱移行部、腹横筋、広背筋、鎖骨下筋、肩甲下筋、肩甲胸郭関節などでも評価できております。

 

 

この中で左仙腸関節、肩甲下筋を選び筋膜リリースにて施術をしました。その後、腰部の後屈、回旋を行っていただき、共に八割以上痛みが出ていないようです。

 

 

二回目の施術で左手首の痛みは、施術が効いているためか楽であるらしく、手首を動かしても痛みが出ていないそうなので、干渉低周波を当てて様子をみることにしました。

 

 

腰に関しては、痛みの戻りがあるようでしたので、前回評価できている筋肉をすべて筋膜リリースにて緩めてみました。

 

 

施術の後、運動時痛はかなり楽になるようです。その後、御自分でできるセルフケアを教え、腰に関しては、ここまでで十回の施術を行なっています。

 

 

現在は、後屈、回旋時の痛みも戻りもなく、常に八割以上楽な状態にあるそうなので、残り二割の痛みを取り除くために、月に二回ペースで予防も兼ねて施術を行っている症例です。

お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日