当院のブログ
施術コラム

ホーム > Blog記事一覧 > 6月, 2019 | 土浦・牛久で交通事故にあったらすぐに土浦交通事故治療センターへの記事一覧

交通事故による神経根症状

2019.06.25

事故に遭う前までは何の症状も無かったのが、事故後から急に手先や足先に痛みやしびれを訴え、いくら施術をしてもよくならない人が多くいらっしゃいます。

この場合、手に関する症状は首に原因があることが多く、また足に関する症状は腰に原因があることが多いです。

たとえ首や腰に痛みが無くても、しびれがあるということは、大元の神経の出所が首や腰なので、この場所を徹底的に施術をしていくことでたいがいのしびれは解消していきます。

ただ、首や腰の施術をしても一向にしびれが取れないこともあります。この場合、神経根の症状なのか、他の神経の枝に問題があるのかを鑑別診断する必要があります。

我々は、この鑑別診断を徹底的に時間をかけて行い、しびれの根本的原因を探していきます。

施術としては、オードドックスに牽引、物理療法、運動療法などで経過を追っていきますが、これらの施術で良くならない場合には、骨盤や背骨の歪みが原因で神経を圧迫している可能性があります。

この場合、神経の大元の関節を矯正していきます。

矯正することで神経の出所が解放され、神経の圧迫が取れてしびれが和らいでいきます。

また、自律神経もしびれの原因の一つなので、事故により色々な問題が生じることで自律神経が乱れてしまうと、しびれを起こすことがあります。

内面の問題も視野にいれて鑑別をしていくことがとても大切です。

高齢者ドライバーの交通事故

2019.06.11

高齢者ドライバーの事故が多発しております。

認知機能の低下が原因とされておりますが、実際には、専門医でさえもこの認知機能の低下の程度を細かく知ることは難しいと言われています。

瞬時にとっさの判断が付かなくなるなどで、大事故となってしまいます。

元々車の操作において、最初はミッション車から立ち上がってきたと思いますが、文明の開化と共にオートマ車が増えていき、今では、ほとんどの車がオートマ車となっております。

このオートマ車になったせいで、高齢者ドライバーの事故ともつながっていると言えるのではないでしょうか?

ブレーキとアクセルだけで操作が出来てしまう単純なオートマ車ですが、このブレーキとアクセル、この作用は真逆です。

この右側のアクセルと左側のブレーキを瞬時の判断ミスにより間違ってしまうと、いま言ったように作用は真逆なので、想像しただけでも恐ろしいことが起きますよね。

今後も、高齢者ドライバーが増え続けていくことは分かっていますので、これ以上高齢者ドライバーでの事故を少なくするにあたって、対策を考えていく必要があると思います。

今までのように、ミッション車の増車による事故を防いでいくことがいいのか、でもこれは、時代に逆行していますので、難しいと思います。

これからの車には、助手席側と運転席の手元にサイドブレーキを付け、いつでも瞬時に停止できるようなものを取り付けるか。

はたまた自動運転化を速いピッチで推し進めていくか。

今後の社会問題になっていきそうですよね。

お気軽にご相談ください!
土浦交通事故治療センター 休診日 日曜日・祝日・土曜日午後
スマホの方はタップで電話がかかります
メールでのお問い合わせはこちら

アクセス情報

所在地

〒300-0836
茨城県土浦市烏山4-1935-11

休診日

日曜・祝日